女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2013年8月10日

新感覚の「粉もん」人気です!

Pocket
LINEで送る

なにわ海老丸本舗

たこ焼きとちゃう! エビと出汁の旨味がクセになる♪

 大阪の新名物が人気を博しています。南海難波駅からほど近い浪速区日本橋に昨年10月オープンした『なにわ海老丸本舗』。ここで食べられるのが、たこ焼きならぬ『えび焼き』。エビを1尾丸々使用し、生地から尻尾が飛び出しているのが特徴です。
 店長の大川慎二さんによると「新しい粉もんを作りたいと思い、日本人が大好きなエビをメインにしたえび焼きを考えました」。なるほど、確かに今までエビが主役の粉もんはありませんでした。でも、たこ焼きのタコをエビに変えただけなのでは?

 「いいえ!タコをエビにしただけじゃないんです! まず、作り方から違います」。えび焼きを焼く鉄板は完全オリジナル。片面だけで焼くたこ焼きとは違い、ゆっくりと両面から焼くため、たこ焼き器を上下から重ねたような形になっており、そういった意味では、たい焼きを焼く鉄板のようでもあります。
 「それに、エビの風味を活かすため、(鉄板に流し込んだ)生地に生のままエビを入れ、じっくりと焼きます」。その生地にもこだわりが。「水を使わず、特製ダシを溶いて作ります。具も(エビ以外は)キャベツのみです」。テーブルにはソースやマヨネーズが用意され、エビマヨなどのトッピングもありますが「えび焼きに直接かけて提供するのではなく、(トッピングは)小皿に入れてお出ししています。(まずは)何もかけずにそのまま食べて、海老の風味とダシの旨味を味わって頂きたいんです」。
 また、たこ焼きやお好み焼きのように焼いた「焼海老丸」(6個入り500円)だけではなく、焼いたえび焼きを油で揚げた「揚海老丸」(6個入り500円)も同店ならでは。「『粉もんを揚げる?』と思われる方は多いですが、リピーターの8割はこちらを食べます。ハマる方が多いですね」。 …続く

この記事の続き
たこ焼きとちゃう!エビと出汁の旨味がクセになる♪

Pocket
LINEで送る