女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年9月14日

ジュリア(1977年) Julia (1977)

監督:フレッド・ジンネマン/Director: Fred Zinnemann
出演 ジェーン・フォンダ、ヴァネッサ・レッドグレーブ、ジェーソン・ロバーツ/Starring: Jane Fonda‚ Vanessa Redgrave‚ Jason Robards

重厚な女優二人 ジンネマン後期の傑作 

 1934年、暗雲たちこめる第二次世界大戦前夜、リリアン(ジェーン・フォンダ)は幼友達ジュリア(ヴァネッサ・レッドグレーブ)の要請を受け、レジスタンスの資金5万ドルをベルリンに運ぶ。ジュリアはファシズムと戦う闘士となっていた。アメリカの作家リリアン・ヘルマンの自伝映画だ。ヴァネッサと、リリアンのパートナーであるダシール・ハメットを演じたジェーソン・ロバーツがそれぞれオスカー助演男女優賞を得た▼ジュリアは大富豪の孫娘だ。家は邸宅、どころか、お城なのである。ハリー・ポッターの魔術学校の大講堂みたいな広い食堂で、子供のころから正装で食事をするのである。女性が大学にいくのがごく稀であった時代、名門オックスフォード大学に進学するのである。さらに医学を志しウィーン大学でフロイト博士に学ぶのである。最高の教育を受けた数少ないエリート女性の、まぶしいばかりの未来があった。だれよりもそれをリリアンがよくわかっていた▼オックスフォードに学ぶジュリアをリリアンが訪れる。ヴァネッサは180センチの長身ですからね、J・フォンダも低いほうではないが、それでも頭ひとつ高いのですよ。だからしっかり者の姉と自分探しに行き詰まっている、ちょっと頼りない妹みたいな雰囲気なのですね。ジュリアはリリアンと散策したり自転車に乗ったりして、広大なオックスフォードの中を案内する。台詞はひとつもない。美しい大学の構内をめぐる二人は楽しげで叙情豊かだ。このときがジュリアの生涯でいちばん幸せな、心安らかな時代であった、追憶のなかでそう思い描くリリアンの心情を、ジンネマンはこのシーンでバシッと映像に定着させている▼リリアンは一人不穏なベルリンに向かう。信念を貫く、そういう男や女を撮らせたらフレッド・ジンネマンの仕上げは重厚だ。彼はホロコーストで両親を亡くした。時代や体制の圧迫や理不尽さのなかで生き、かつ死ぬ男女を通したジンネマンの告発は鋭い。「真昼の決闘」「地上より永遠に」「尼僧物語」「わが命尽きるとも」。ジュリアは抵抗運動のさなか体制の手で惨殺される。強い女はまだまだタタミの上では死ねなかった時代だ。J・フォンダは私生活でもヴァネッサを敬愛し、生まれた娘にヴァネッサと名づけた。

Two heavy-hitting actresses. Zinnemann’s late period masterpiece

In 1934‚ shrouded in dark clouds on the eve of the Second World War‚ Lillian (Jane Fonda) receives the request of her childhood friend Julia (Vanessa Redgrave) to deliver $50‚000 of resistance money to Berlin. Julia had become a fighter against Fascism. This is the biographical movie of American writer Lillian Hellman. Vanessa‚ and Jason Robards who played Lillian’s lover Dashiell Hammett‚ each won an Academy Award for Best Actor (and Actress) in a Supporting Role.
Julia is the granddaughter of a wealthy family. Their house is not a mansion‚ but rather‚ a castle. The dining room is like the huge hall in Hogwart’s School of Witchcraft and Wizardary in Harry Potter; she has eaten here from childhood‚ dressed in formal clothes. In a period where it was extremely rare for women to attend university‚ she advances to prestigious Oxford University. Setting her sights on medicine‚ at the University of Vienna she studies with Sigmund Freud. As one of the few elite women who had received the best education‚ her future was bright. Lillian knew that more than anybody.
Lillian visits Julia where she is studying at Oxford. Vanessa’s height is 180cm‚ and although Jane Fonda isn’t short herself‚ Vanessa was at least a head taller. She always reached her limits with her level-headed older sister and her own soul-searching‚ just like a younger sister who is a little undependable. Julia and Lillian go for strolls and ride bicycles‚ and take a tour inside the extensive Oxford University. There is no dialogue. The sisters touring the beautiful university grounds is enjoyable and very lyrical. This is the happiest time in Julia’s life‚ in her reminiscences it is a carefree time that she thinks in her heart. Zinnemann well establishes this in his visuals.
Lillian heads to the turbulent Berlin. Sticking to one’s beliefs‚ to film such men and women‚ Zinnemann’s finishing touches are powerful. He lost his parents in the Holocaust. Living under the oppression and irrationality of the time and order‚ through dying men and women Zinnemann’s denunciation is sharp. High Noon‚ From Here to Eternity‚ The Nun’s Story‚ A Man for All Seasons. Julia‚ in the midst of her resistance activism‚ is brutal murdered by the regime. This was an era where strong women did not die natural deaths. Even in Jane Fonda’s personal life‚ she holds respect and affection for Vanessa‚ and gave her daughter the same name.