女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2013年8月23日

今年もやります 「奥河内 SEA TO SUMMIT」参加者募集中

Pocket
LINEで送る

河内長野市 産業活性化室

カヤック・自転車・ハイクで 奥河内の自然を感じよう!

 カヤックと自転車(バイク)、それにハイク(徒歩)で海や湖から山へと向かい、自然を満喫しながら大切さを実感できる環境スポーツイベントとして人気を博している「SEA TO SUMMIT」。今年は全国4か所で行われますが、その最後を飾るのが河内長野市。「奥河内 SEA TO SUMMIT」として11月23日(土・祝)24日(日)に開催されます。
 主催する河内長野市の担当で産業活性化室主幹・尾西健一さんによると「河内長野市では2回目の開催となります。奥河内 は大阪都市圏から近く、(同イベントを通じて)奥河内の良さを多くの方に知って頂ければと考えています」。
 前回の開催時、参加者からの評価は上々で「開催エリアがコンパクトで、他の会場ではカヤックや自転車に乗った後、預ける場所が2か所に別れてしまうケースもあるのですが、(奥河内では)1か所に集約されており便利だったというお声を頂戴しました。他にも、時季的に少し寒かったのですが、紅葉が美しく心地よかった、といった感想も頂いています」。また、全体的に高低差が少なく、カヤックで渡る湖も人工湖(滝畑ダム湖)で波が少ないため、比較的初心者向け。時間制限はありますが、それほど厳しいものではありません。

 「ですから、中学生から参加できます。それに、おひとりでも参加できますが、(2名以上5人以下の)チームでも参加でき、メンバーそれぞれが種目毎に挑戦することも可能です」。つまり、自分に自信のある種目だけ参加することもできる、ということですね。
 「ただ、初心者の方でも、前回、カヤックに挑戦され、初めはできるか不安だったけど、波もなく、自分のペースで楽しめた、と仰る方もいらっしゃいました」。これを機会に、カヤックの世界に飛び込んでみるのもいいかもしれません。
 なお、「奥河内 SEA TO SUMMIT 2013」では初日に基調講演や環境シンポジウムを開催。翌日に滝畑ダム湖から岩湧山の山頂を目指します。「今年は基調講演とシンポジウムを市民交流センターで開催します。(同イベント)参加者以外でも公聴可能ですし、翌日も滝畑ダムでカヤックの体験などもできます。ぜひ多くの市民の方にも参加して頂ければと思っています」。
 奥河内 SEA TO SUMMIT 2013のエントリー受付は既に始まっており、先着100組まで。申込は下記ウェブページから可能。参加費は『シングルの部』(ひとりで参加)10500円、『チームの部』10500円×人数分(参加費には環境保全協力金500円が含まれます)。

Pocket
LINEで送る