女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年9月4日

恋しに来いこい!いかるがの里 法隆寺のある町で11月23日「寺社コン」開催!

Pocket
LINEで送る

東栄会事務局長・井上雅仁さん

いい人・よい町と出会える「寺社コン」

 法隆寺南大門を出てすぐ左にある東栄会という商店街。東栄会では町全体を使って男女の出会いをサポートしつつ、寺社仏閣を巡ってもらう「寺社コン」と「空き店舗活用イベント」を11月23日に開催予定。準備に忙しい斑鳩町商工会事務局長・上村大平さんと東栄会事務局長・井上雅仁さんにお話しを伺いました。
 「ぜひ斑鳩の里独特の魅力を知っていただきたい。斑鳩町には1400年の歴史を持つ法隆寺があります。しかし今の法隆寺があるのは、1400年間その周りを支えてきた伝統、文化、人があったから。この三つが斑鳩にしかない魅力であり、斑鳩を訪れないと学べないことです。奈良県内はもちろん、県外からも参加してほしいと考えています。定員40名(男性20名女性20名)なので友人と一緒に、またお一人でもお気軽にご参加ください」と井上さん。

「寺社コン」へ参加して「伝統・文化・人」を知ろう

 「寺社を巡ってもらえば斑鳩の伝統、文化が分かり、お店に入れば斑鳩の人の魅力を知ってもらえます」現在斑鳩を訪れているのは修学旅行生と50~70代の観光客がほとんど。こういったイベントを行うことで広い世代を対象にした町おこしとして地域に貢献できるのです。「子どもの頃、先人たちが『あのころは良かった』と語ってくれました。でも自分が同じ年齢になったときに良かったと伝えられるかは今のがんばり次第なんです。そのためには今まさにこの町を魅力溢れる町にしなければならないですね」と熱い思いを語ってくれた井上さん。「今後、町に活気が溢れれば、町民に誇りが生まれます。そして後生に語り継がれる『斑鳩』に生まれ変わるはず」
 参加するだけでも満足してもらえると自信満々の井上さん。秋の行楽シーズン、法隆寺門前の商店街で人と文化との素敵な出会いを見つけませんか。
日時:11月23日(土)10:00~16:30(予定)
場所:東栄会商店街

Pocket
LINEで送る