女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

介護のささやき

2013年8月29日

快適なホテルホスピタリティで安心のシニアライフを

Pocket
LINEで送る

リボーン神戸ポートタワーホテル
運営/株式会社ゲストハウス

4つの魅力に加え海外展開・新たなコミュニティ事業も

 上質のホテルホスピタリティと清潔感あふれる居住空間、一流シェフによる心のこもった料理、そして暮らしに安らぎと喜びを与える多彩なイベントと、4つの魅力がシニアの厚い支持を得る、リボーン神戸ポートタワーホテル(神戸市中央区、中長期滞在型高齢者専用フロア)。館内では、介護や支援の必要な高齢者も、それまでのライフスタイルのまま、自由で快適な暮らしを満喫しています。
 ハーバーランドが一望できる絶好のロケーションに位置する同ホテルでは、機能訓練指導員による成果型機能維持向上訓練を実施。一人ひとりの体調や目標に合わせたプログラムで、効果的に健康で安心・安全な生活をサポートしてくれます。
 お楽しみの食事は、ホテルシェフが栄養バランスに配慮しつつ、旬の食材をふんだんに盛り込んだ料理を提供してくれるほか、介護食にも対応。入浴はフロア内の浴室と人工温泉の大浴場を利用でき、季節に合わせた多彩なレクリエーションも充実しています。

 フロントには24時間管理人が常駐し、提携する医療機関から医師の往診、看護師の派遣、訪問介護サービスと、健康面のサポートも万全。1泊から利用できる短期入居(介護保険外有料ショートステイサービス)は、家族の介護負担を軽くし、リフレッシュさせてくれます。
 さらに今年度、中国政府から民間委託を受け、上海でヘルパー、栄養士養成学校を開校。設備や知識・技術に加え、日本式のおもなしの心を伝える日中交流を深めるなど、グローバルな福祉事業を展開しています。
 今夏には入居者以外でも利用できる会員制シニアコミュニティカフェ「マスターエイジ倶楽部」が発足し、地域の活動・交流の拠点として進化し続けているリボーン神戸ポートタワーホテル。毎日、実施している「食事付見学会」(要予約)には、毎回大きな反響が寄せられているというのも納得です。「長期入所を検討している」「いろいろな事情で施設に入所できない」という方も、まずは相談してみては?

Pocket
LINEで送る