女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年9月13日

マジックは夢を叶える魔法のエンターテイメント

Pocket
LINEで送る

中野珠江さん(栗東迷術会)

~マジックで高齢者や子どもたちとふれあいを深めて~

 滋賀県の栗東・守山・草津・野洲各市を中心に活動する「栗東迷術会」(内藤貞雄・会長)。同会では、2人の女性マジシャン・中野珠江さん(66歳)、篠原照美さん(68歳)が活躍中です。敬老行事や施設への訪問などを通じて高齢者とふれあいを深めてきた中野さんに、マジックの魅力やこれからの夢についてうかがいました。
 「子どもが大好き。退職後は、大好きな子どもたちに接することができる趣味や生きがいをもって過ごしたい」。かねてからそう考えていた中野珠江さんにとって、マジックは願いを叶える、文字通り魔法のようなエンターテイメントでした。
 中野さんの十八番(おはこ)は、シルク(ハンカチ)と踊りの動きをとり入れたオリジナルマジック。長年、日本舞踊をたしなんでいる中野さんは“着物に合うマジック”に取り組んでおり、現在は宝箱など和の小道具を使った創作マジックを子ども会や高齢者施設などで披露しようと企画し、製作を進めています。

 会場を盛り上げるために欠かせないBGMも自ら選曲し、ストーリーや構成に工夫を凝らす毎日。マジックは日本舞踊とは異なり決まった型や所作はありませんが、「その自由なところが難しくもあり、楽しくもあり」と、にっこり。
 大好きな子どもたちにふれ合えるきっかけとして始めたマジックですが、中野さんにとって嬉しいもう一つの出会いが、高齢者との交流でした。敬老の日や季節の行事など、高齢者施設を訪れる機会も多く、「入所されている方から『待ってたよ』『また来てね』と声をかけていただいたときは、とても嬉しい」と微笑みます。
 「観客と一緒に自分も楽しみながら取り組めるのが、マジックの魅力」という中野さんは、「世代を超えていろいろな方と知り合えるきっかけになったマジックを、これからもずっと続けていきたい」と夢を描いています。
栗東迷術会への問い合わせは、栗東市ボランティア市民活動センターまで

マジックで高齢者や子どもたちとふれあいを深めて

Pocket
LINEで送る