女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年9月14日

高齢者配食事サービス、好評です

Pocket
LINEで送る

―敬老の日特集「高齢者を守ろう!」―
高槻市 長寿生きがい課

栄養面の支援と安否確認
土曜日も開始し更なる安心

 ひとり暮らしのお年寄りや、お年寄りだけの世帯などでは、お買い物に行くのが困難だったり、料理を作れない状態にあるケースが少なくありません。また、近年問題になっている孤独死を防ぐためにも、安否確認は必要不可欠。その両面を解消する政策を行っているのが、高槻市です。
 高槻市長寿生きがい課では、1食あたり500円で夕食を自宅に配達する「高齢者配食サービス」を行っています。同課の高齢者支援チーム副主幹・国広奈穂子さんによると「平成12年度からスタートしました。元々は飲料品の配達を通じて安否確認を行っていたのですが(栄養面の支援も考え)現在の配食サービスに変更したと聞いています」。
 夕食を作るのは市の指定を受けた民間業者など。栄養バランスのとれた食事を提供し、配達時には安否確認を行うほか、健康状態に異常を認めたときには関係機関に連絡することも。お年寄り本人はもちろん、離れて暮らす家族にとっても安心です。
 「市長の公約でもあり、お年寄りの食事の確保のため、今年の7月からは土曜日のサービスも開始しました」。お年寄りはもちろん、お年寄りを支援する人たちからも喜ばれています。
 「食事は(生活における)楽しみのひとつですから、各事業所でも利用者の皆様に喜んで頂けるよう、栄養バランスを考え、調理も工夫しています。長年暮らした住み慣れた我が家で(買い物・料理が難しい状態でも)できるだけ長く暮らして頂ければと考えています」。
 なお、詳しい利用条件や利用概要などは、同課までご連絡を。

Pocket
LINEで送る