女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

介護のささやき

2013年9月14日

自己免疫力・自己治癒力を発揮! 未病・重度化防止のための半日型デイサービス

Pocket
LINEで送る

奈良県奈良市三条大路
奈良日和(ならびより)

先人の教え“冷えは万病の元” 健康・長寿のお手伝い

 健康・長寿をお手伝いする場として先月オープンした、半日型デイサービス「奈良日和」(奈良市三条大路)。運営する株式会社ウェルネスサプリの山本潤・社長が開業を決めるきっかけとなったのは、実父・実母の介護体験でした。
 両親ともこれまで投薬や手術を繰り返すものの症状は改善せず、介護の負担は増すばかり。従来の対症療法に疑問を抱いた山本さんは、独学で打開策を探るうち、近年、多くの医師や研究者が西洋医学に疑問や限界を感じ、東洋医学の「冷えは万病のもと」との考えを注視していることに気がつきました。
 人間の内臓が正常に働くとされる体温は、36.5度。ところが「現代は35度台の低体温の方が多い」と指摘する山本さんは、「体温が低いと内臓の働きが悪化し、疲れがとれにくくなったり、消化吸収が慢性的に悪くなり、病気にかかりやすくなる」と警鐘を鳴らします。

独自のサービスで「体内温度」と「流れ」を正す

 そこで奈良日和では、遠赤外線温浴、低負荷でのマシンリハ、マッサージ師による身体ケアなどを通じて「体内温度」と「流れ(血流や神経の流れ)」を正すサービスを実施。筋肉や関節の可動域が広がったことで「体が動きやすくなった」「痛みが軽くなった」とご本人はもちろん、ご家族からも喜びの声が寄せられています。
 また、脳機能訓練として新聞のコラムなどの書写や素読のほかユニークな脳トレも行っており、山本さんは脳や身体機能をケアすることが健康・長寿に欠かせないとして、「体内温度と免疫力・自然治癒力の関係は、最近、医学界でも注目されている」と話します。現在、奈良日和では遠赤外線温浴の無料体験を実施しており、さまざまな情報交換や交流の場を目指し、無料セミナーの開講も予定しています。

◎ 無料セミナー「生涯自らの足で歩き続けるために」

▼日時=10月6日(日)、10時~(約40分)
▼講師=伊藤健司氏(兵庫医科大学健康スポーツ科学)
▼定員=30名
▼場所=奈良日和
▼申込方法=「奈良生涯元気の会」(担当/津村さん)までお電話を
▼電話/090-2062-3843

Pocket
LINEで送る