女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2014年10月15日

「食欲の秋」でも太らない!Vol.2 食欲コントロールのコツ 1 ベジファースト

Pocket
LINEで送る

前の記事

 Vol.1で説いたように、秋に食欲が出るのは仕方ない。それを無理やり我慢するのは相当なストレスとなり、長続きしません。だったら、食べつつも太らない方法を見つけるのが一番! 食べたいけど太りたくない方、必読です!
食べる順番に気をつけよう!

 食べたいものを我慢するのは大変ですが、食べる順番を変えることならできるでしょう。最初に食べるのは、野菜や海草から!
 これらは低カロリーでビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含む体に嬉しい食品であるのはもちろん、重要ポイントの「歯ごたえ」もあります。噛み応えがあると咀嚼回数が増え、「満腹感」を感じやすくなります。
 また、食物繊維もあってお腹が膨らみやすく、消化に時間がかかることで満腹感を比較的持続させやすいため、食べ過ぎを防ぐことができます。また最初に野菜を食べておくと、後から脂質や糖質を摂取しても血糖値が急上昇しにくくインスリンの分泌を抑えられ、脂肪として蓄積されにくくなるのです。安心してお肉やお魚を食べるためにも、まずは野菜から!

目標、1口30回! よく噛もう!

 咀嚼は、交感神経が高まり、食後のエネルギー消費を増やし、内臓脂肪を減らす効果もあると言われます。さらに噛むことで脳内物質「ヒスタミン」が増加。ヒスタミンには食欲を抑える働きがあるとされているのです。ヒスタミンのもととなる物質に「ヒスチジン」というものがあり、これは鯖や秋刀魚などの青魚に含まれます。鯖や秋刀魚と言えば、まさに秋の味覚! 旬の味を楽しむならこういう青魚を取り入れるのもいいのではないでしょうか。
 できれば、1口30回を目標に噛むようにしましょう。脳から満腹サインが来るまで10~15分程かかると言われています。噛む回数を増やすと必然的にゆっくり食べることになるため、食べ過ぎる前に満腹サインをキャッチできます。
 しっかり噛むことは口を動かす運動になり、たるみ防止が期待できるかも!? そうなればまさに一石二鳥! まずはいつも何回くらい噛んでいるか、カウントしてみませんか? 意外と噛んでないことに気づくでしょう。
 いずれも、「食べるのを我慢する」よりもラクな方法だと思いませんか? ほかにも食欲の秋に立ち向かうコツが…。「『食欲の秋』でも太らない!Vol.3 食欲コントロールのコツ 2」でご紹介します。

前の記事
「食欲の秋」でも太らない!Vol.1 食欲の秋の由来

この記事の続き
食欲コントロールのコツ1 会話で楽しい食事を

Pocket
LINEで送る