女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2013年10月11日

ガラパゴス 進化論が生まれた島 (2008年 ドキュメンタリー映画)

Pocket
LINEで送る

製作 BBC
出演 ティルダ・スウィントン(ナレーター)

地球と生命への愛 

 アップになる動物の顔が最高だ。ガラパゴスの名の由来になったのはゾウガメだけど、150キロにもなる巨体を、カメラが隅々まで映していく。何も食べないでも一年間保つ体には、ガラパゴスの秘密が隠されているにちがいない。ゾウガメの生活はシンプルだ。アルセド火山にゆっくり登っていくゾウガメがいる。オスだ。彼の歩調だからいっぺんには登れないが、たゆみなく草木をおしわけ、太い前脚にはえた頑丈な爪でがっしり大地をふみしめながら登る。ときどきクビを伸ばして木の枝の先にある花を食べる。大きな口をあけるとピンクの口蓋や舌や、頬の筋肉の盛り上がるのが見える。彼はとうとうアルセド火山の頂上に来た。ここへくる目的は草を食べることと繁殖だ。ゾウガメの甲羅は彼らが棲む島によって形が違う。ガラパゴス島に寄港した生物学者の青年チャールズ・ダーウィンは、島の総督から「甲羅をみたらどの島のゾウガメかわかる」という言葉を帰国の途中、帆船ビーグル号のなかで思い出す。瓦礫の山、不毛の土地、グロテスクな生き物、海辺のイグアナは溶岩のような黒い体で這いまわり、内陸のイグアナはサボテンを食う。ガラパゴスグンカンドリは鳥の海賊で、海上で羽を休めている小さな鳥を襲う。弱点は羽が濡れると飛べなくなることで、だから海面すれすれに襲撃する。オスは喉にある赤い袋をふくらませてメスにアピールする。パートナーがみつかり交尾をすませると、メスはオスがふくらませた赤い喉にもたれ憩うように休息する。あの小さな島々に、まるで生物の宝庫のような幾種類もの生き物が生息しているのか。ダーウィンの疑問は膨らんでいった▼ゾウガメの桁外れな生命力。またはどこにもいない特異な存在となった動物たち。たとえばガラパゴスコバネウの翼は驚くほど小さい。飛べない翼のかわり彼らは泳ぐのだ。鳥ではあるが彼らの世界は海の中だ。彼らは翼を小さくして水中に適した体を手に入れたのだ。翼を体側にぴったるくっつけ足をペダルのようにこいでタコや穴子や小魚を取る。オスはメスのために海草を運び、メスはそれで巣を作る。フンボルト海流が暖流と合流するときはガラパゴスの春。リクイグアナは花を食い、ハチは花粉を集める。ガラパゴスの花がほとんど黄色いのは、ハチの好む花が黄色だからだ。フィンチは平凡な鳥に見えるが、これほどガラパゴスの特異を体現した生物はいない。帰国の途次にあったダーウィンが気づいたのもフィンチの不思議だった。なぜフィンチのくちばしはみな形や長さが違っているのか。驚くべきことにあの小さな島に13種類ものフィンチがいるのだ。種をわりやすいように太く短いクチバシ、細長い穴の奥にも届く長いクチバシ…標本にしたフィンチのクチバシを測るダーウィンに総督の言葉がよみがえった「甲羅の形でどの島のウミガメかわかる」。そうだ。島によって固有の鳥が、ゾウガメがいるのだ。世界から隔離され孤立した島で、生物は独自に変化し環境に適応していったのだ。ダーウィンはガラパゴスの秘密を垣間見た。みな微妙に形や機能が異なる動植物は、島自身が生み出した進化なのだ。後年ダーウィンフィンチと呼ばれることになる幾種類ものフィンチを彼は採集していた。ガラパゴスのマネシツグミにも同じ進化の後を見出した。ダーウィンがガラパゴスを去って24年後「種の起源」が出版された。彼にとってはガラパゴスこそが「種の起源」の発祥の地だった▼ガラパゴスには忘れてはいけない暗い歴史がある。海流の変化しやすい「魔の島」と呼ばれた時代から、次第にその所在が明らかになり、地図にも示されるようになって、ガラパゴスは海賊の寄港地となり、ついで島の豊かな動物たちの捕獲地となった。乱獲の対象となったのはマッコウクジラとゾウガメだった。保護されようもない時代だった。ただクジラを捕獲する武勇伝のためだけに殺されることも多かった。ウミガメは大きな体に蓄えた、たっぷりした脂肪と肉のために乱獲の対象となり200年の間に20万頭以上が犠牲になった。極めて限界の狭い島での捕獲数としては絶滅に等しい。現にガラパゴスの島のいくつかでゾウガメは絶滅した。ガラパゴス諸島は自然遺産にもなり危機遺産にもなった。でもそれで保護はなりたつのか。地上に残された宝石のような島々と動物を守るものは、最後は地球と生命への愛しかない…今までそんな大げさな言葉づかいや言い方は気恥ずかしくてとてもできなかった。でもガラパゴスのこの映像を見ると、誇張でも大げさでもなんでもなく、ほんとうにそうだと思う。

Pocket
LINEで送る