女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2013年9月29日

秋の近里賛品、熟れ(売れ)てます ―特集「泉州・河内をまるかじり!」―

Pocket
LINEで送る

近里賛品かわちながの

河内長野市産品ブランドとして19品目
秋は梨、栗、柿、そしてトマト!

 河内長野市が昨年6月から創設した産品ブランド「 近里賛品かわちながの 」。河内長野市内で収穫や生産されており、味はもちろん、減農薬への取り組みなど安全性も高く、河内長野らしさやこだわりも兼ね備えた逸品ぞろい。当初、6品目だった認定産品も、現在は19品目に増え、質・量ともに充実してきました。
 反響もあり、大阪市内にある有名果物店で9月6日に行った試食会兼販売会では「ぶどう、梨、ジャムを用意致しましたが『非常においしい!』と好評で、購入される方も多くいらっしゃいました。今回、初めて市外の店舗でプロモーションを行いましたが、良質なブランドとして認識頂けたようです」(同市産業振興部産業活性化室主幹・尾西健一さんと、担当の槌野貴公〈つちのたかひろ〉さん)。

 一般消費者のみならず、ホテルなどからも問い合わせがある「近里賛品かわちながの」。では、これからの季節に旬を迎えるものには、何があるのでしょう?
 「ぶどうは少し遅いかもしれませんが、梨は(種類によっては)これからが食べ頃です。また、栗も11月中旬までは楽しめますし、富有柿を使ったジャムも10月中頃から販売されます」。他にも、ジャムでは桃を使ったジャムが10月中旬くらいまでは味わえるのだとか※1。また、野菜では日野恵(めぐみ)濃縮エコトマトが10月中旬から年明け・1月中頃までおいしく頂けます。

 「市内外で『近里賛品かわちながの』が広がりつつあります。何らかの形で食べて頂けるように普及していくのが、私たち行政の役割だと考えています。市内で行われるイベントではブースを設けてPR致しますし、市外に出て、大阪市内でも再び試食会や販売会を行う予定にしています」。
 イベント時だけではなく、JA大阪南河内河内長野支店(河内長野市本多町4-8)の敷地内にある「アグリかわちながの」では認定商品をほぼ全品※2購入できるほか、事業者によっては直接、販売をしていることも。秋の行楽シーズン。 河内長野の自然と文化財 を楽しみながら、「近里賛品かわちながの」を味わってみてはいかがでしょうか。
※1 旬や販売の時期は目安です。気象状況や育成具合、在庫状態によって変動する場合があります
※2 一部、取扱のない商品もあります

Pocket
LINEで送る