女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2013年9月29日

南河内「大阪産めぐり」スタンプラリー開催中 ―特集「泉州・河内をまるかじり!」―

Pocket
LINEで送る

大阪府南河内農と緑の総合事務所

直売所&飲食店&ミュージアム
南河内のグルメと観光を満喫できる

 古くからブドウ、みかんの産地として知られ、現在でも里芋やなす、白菜などを多く生産している一方、『なにわの伝統野菜』の産地でもある南河内。その南河内の新鮮な野菜や果物などを販売している農産物直売所と、同地域内の飲食店、それに植物園や博物館などの施設を巡る『南河内「 大阪産(おおさかもん) めぐり」スタンプラリー』が11月30日(土)まで開催されています。
 今年で4年目を迎えた同イベント。担当の大阪府南河内農と緑の総合事務所の地域政策室室長・丹後晋哉さんと同室主査・山田伸二さんによると「元々、朝市・直売所のネットワーク組織はありましたが、もっと多くの方に知って頂こうと、直売所と地域の飲食店、施設と連携したスタンプラリーを始めました」。
 今年の参加施設は45か所。 大阪産(おおさかもん) を中心に旬の食材を購入でき、おいしいグルメを味わえ、大阪府立花の文化園、同府立近つ飛鳥博物館、木工作家の作品を展示しているラ・フォレスタなどの施設も楽しめます。「直売所では野菜や果物はもちろん、花も旬のものが多く、日持ちすると好評です。また、南河内にはワイナリーもあり、9月から今年の新酒が登場しています。新酒のワイン祭りを行っているところもありますね」。

 また、スタンプラリーは3か所のスタンプを集め応募すると、参加している直売所や店舗、施設から提供されているプレゼントが抽選で当たります。賞品点数は、321点。農産物はもちろん、温泉旅館の宿泊券や飲食店のお食事券、ワインなどもあり、数も種類も豊富です。
 「(スタンプラリー参加者からは)『こういった催しがあったから来てみた』『知らなかったところに行けて、楽しめた』と喜んで頂けているようです」。参加店舗や施設からも『今まで来たことがない方も来るようになった』といった声が届いており、今年もスタンプラリーに多くの人が参加してほしいと考えています。
 「地図や参加施設・店舗の一覧だけではなく、今年から各施設・店舗で行われるイベントもホームページ(下記参照)で確認頂けるように致しました。また、大阪府立花の文化園のマスコットキャラクターで、昨年のゆるキャラグランプリでは全国ワースト3になった『フルル』が、地図を片手に参加施設などの紹介もしています。これから良い季節ですし、南河内は見どころ・魅力の多い地域ですから、廻って楽しんで、旬のものを味わって、(南河内の)ファンになって頂ければと思っています」。
南河内に属する南河内郡河南町が大阪府内で一番の産地。10月以降は天王寺蕪や田辺大根などが旬を迎えます

Pocket
LINEで送る