女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年8月31日

アマデウス (1984年) Amadeus (1984)

Pocket
LINEで送る

監督:ミロス・フォアマン/Director: Milos Forman
出演  F・マーリー・エイブラハム、トム・ハルス/Starring: F. Murray Abraham‚ Tom Hulce

神に愛されし者

 サリエリはベートーヴェンの師、高名な音楽家で、ステージパパに連れられ旅から旅へ、やっと宮廷に入って暮らしが安定しても浪費家の妻とともに、しょっちゅう借金をしていたモーツアルトとは社会的地位も違ったはずだ。しかしそういう事実や正論が小賢しく思えるほどこの映画の質量はみごとだ。監督ミロス・フォアマンと原作脚本ピーター・シェーファーの勝利だろう▼自殺を図り精神病院に運び込まれた老人はアントニオ・サリエリ(F・マーリー・エイブラハム)と名乗る。皇帝ヨゼフ二世に仕えた宮廷音楽家であり、彼の運命を変えた一人の天才を語り始める。精神病院の不潔な、カビ臭い匂いが漂ってきそうな病室からのスリリングな展開は、観客の襟髪をつかんで引きずり込んでいく。出だしから恐るべき完成度だ▼シェーファーの傑作には「アマデウス」に先立つ「エクノス」がある。6頭の馬の目を刺した少年と彼の治療に当たった精神科医の二人が主人公だ。狂気のなかに凝縮した真実を解析していくシェーファーの語り口がドラマティックだ。モーツアルトの天才を認めれば認めるほど嫉妬と絶望は深まる。サリエリはついに神の寵児を殺すことで自分の名を歴史に残そうとする▼天才なんてフツーじゃない人間のことだから、相手にするのが間違いだよ、という凡人の健康な「逃げるが勝ち」説はシェーファーには通用しない。天才と狂人の紙一重の間に、火花が放電する人生に彼は魅入られる。考えるだけで「ああ、しんど」なんて口走ってはいかんのだ。その劇的空間の緊張感ときたら「エクウス」の舞台でも息苦しくなっちゃったものね▼寒気のするようなサリエリは文句なしのオスカー主演男優賞だった。監督賞も作品賞も脚本賞もね。でもやっぱり主人公はモーツアルトなのだ。サリエリを狂わせたのはモーツアルトではなくモーツアルトの音楽だった。モーツアルトを聴いて文句をつけたゲーテをエッケルマンは「対話」に書きとめた。「こんな音楽は人を混乱させるものだ、若いときに聴くものじゃない」。モーツアルトの音楽って神経がかきむしられるようなところがあるのね。神に愛されるとは同時に魔のようなものも引き受けたということよ。シェーファーがサリエリを通していいたかったのはそれだと思う。それが「神に愛されし者」(アマデウス)の真実であり正体なのだと。

God’s beloved

Salieri is Beethoven’s teacher‚ a renowned maestro‚ taken on trip after trip by his stage father. Finally entering the court‚ even though it is stable‚ with his prodigal wife he often borrows money‚ his societal position should have been different to Mozart’s. However‚ the truth and correctness is to the point of clever‚ the mass of this movie is superb. The winning combination of director Milos and Peter Shaffer’s original screenplay.
Attempting suicide and brought to a mental asylym is an old man who goes by the name Antonio Salieri (F. Murry Abraham). He is the court composer for the Holy Roman Emperor Joseph II. He begins to speak of a life-changing genius. The foul‚ wafting reek of mould of the sickroom to its thrilling developments‚ it grabs the audience by the scruff of the neck and pulls them in. From the opening it is frightfully brilliant.
Preceding Shaffer’s masterpiece Amadeus is Equus. The two main characters are a young man who blinded six horses‚ and the psychiatrist treating him. Within madness‚ the condensed truth analysed by Shaffer is dramatic. The more he acknowledges Mozart’s genius‚ the deeper his jealousy and despair becomes. Finally Salieri attempts to leave his name in history by murdering God’s beloved.
A genius is not an ordinary person‚ so you’re wrong to try and take him on; as any intelligent person would argue‚ "to fight and run away to live another day" does not work with Salieri. The fine line between genius and insanity‚ sparking an electrical discharge he is entranced. Just thinking of it‚ you can’t blurt out "I’m tired." The theatrical atmosphere and intensity‚ even with the stage of Equus‚ makes it hard it breathe.
Salieri‚ like a chill‚ without a doubt won the Oscar for Best Actor. And the Best Director‚ Best Film‚ Best Screenplay. But of course the real main character is Mozart. The thing that crazed Salieri was not Mozart‚ but his music. Goethe‚ who complained after listening to Mozart‚ is recorded in Johann Peter Eckermann’s "Conversations with Goethe". "This music confuses people. It’s not something to be listened to in one’s youth." There is a part to Mozart’s music that tears at your nerves. Being loved by God‚ but at the same time‚ taking on something like the Devil. That is‚ the truth of what God’s Beloved (Amadeus) is.

Pocket
LINEで送る