女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年10月6日

ロープウェイの先は、別世界でした 千早赤阪村営宿泊施設 香楠荘(2)

Pocket
LINEで送る

―特集「大阪府唯一の村・千早赤阪村」―

前の記事

 そして、山の自然が織りなす四季折々の表情も同館の魅力。「季節だけではなく、山はその日その日によって表情を変えてくれるんです。晴れている日はもちろん、雨の日もいいですね。雨上がりには見下ろした山肌に雲海が広がり、実に神々しいんです」。
 来館者も多く、年配者や家族連れを中心に、最近では「山ガール」や、葛木神社・転法輪寺へパワースポット巡りに訪れる人など若い世代も増えてきているのだとか。『毎日でも泊まりに来たい』『風呂も良いし料理もうまいし、ゆっくりできる』『山頂にありながらキチッとした宿泊施設。料金も良心的』といった声が寄せられています。

 「四季を通じてイベントも行っていますし、これからの季節であれば、秋は山々の紅葉、冬は金剛山の代名詞であり、大阪では唯一だと思われる樹氷を見ることもできます。雪も40cm程度は積もりますし、ご家族でソリ遊びをされる方もいらっしゃいます。金剛山はロープウェイを利用すれば誰でも登ることができる、気楽に楽しめる山。宿泊はもちろん、入浴やレストランのみのご利用も可能です。のんびり、ゆっくりしてください。ご来館、お待ちしています」。
 なお、日帰り入浴は入場料1人500円(税・サービス料込み)。利用時間は11時から15時。宿泊料金は部屋や曜日、食事のコースなどによって違いますが、大人8‚700円から。詳しい内容の問い合わせ・予約受付は下記まで。

Pocket
LINEで送る