女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2013年10月13日

歴史・文化を体感したければ 堺をたずねよ 堺まつり 10月19日、20日開催

Pocket
LINEで送る

公益社団法人堺観光コンベンション協会
第40回堺まつり

恒例の大パレード&地場産品・世界のグルメ
南宗寺などでは大茶会も開催

 昭和49年、「堺の誇りを知るまつり」をテーマに市民参加型のお祭りとして始まった堺まつり。40回目の節目を迎える今年も、見どころ満載です。
 主催する公益社団法人堺観光コンベンション協会の向山(むかいやま)真央さんによれば「メインは20日に大小路筋で行われる大パレードです。南海堺東駅(近くのスタート地点)から南海堺駅まで、古墳時代より1600年続く堺の歴史を時代軸に別け、当時の装束を着て市民の方々などが歩きます」。
 11時から15時30分までの長丁場ですが、観覧者から好評を得ている火縄銃保存会による火縄銃の発砲や、新たに取り入れられた堺7区の歴史パレード、フィナーレを飾る勇壮なふとん太鼓など、最初から最後まで目が離せません。パレードに参加している市民も「(パレードに参加すると決まって)初めは恥ずかしがっている方でも、徐々にノッてきますね(笑)。カツラ合わせができたり、貴重な衣裳を着られて嬉しかった、といった声も頂いていますし、お子さんにとっては良い思い出になっているようです」。
 また、大パレードだけではなく、ザビエル公園で実施するなんばん市や市役所前市民広場でもグルメなどが楽しめます。「ザビエル公園はフランシスコ・ザビエルが堺を訪れた際に彼を手厚くもてなした商人の屋敷があった地でもあり、世界各国の料理を扱う飲食店によるグルメコーナーを設けています。また、市役所前市民広場では堺市内の飲食店を中心に出店されており、昼前には完売してしまうこともあるようですね」。

 なんばん市会場では地場産品の展示・販売も実施。市役所前市民広場では、堺市内各区の特色を活かした飲食や物産の販売ブースもあり、例年、盛り上がるそうです。「ステージでは市民の方々による吹奏楽の演奏や舞踊などが行われています。また、堺市内の公立中学校ではダンスが必修科目でもありますので、19日には小中学生によるキッズダンスコンテストも開催します」。同じ19日には堺観光PRキャラクター『ザビエコくん』など市内のゆるキャラたちによるショーもあり、親子で楽しめそう。
 他にも、同市堺区にある南宗寺や大仙公園では大茶会も開催され、ゆったりと癒しの空間に。「野点だけではなく、茶室でもお茶を召し上がって頂けます。普段はなかなか体験できませんし、お茶の世界をもつと身近に感じて頂ければと思っています。12月7日から公開される映画『利休にたずねよ』とコラボしたイベントもありますので、こちらにもぜひ、お越し下さい」。
大茶会は有料。また、各会場のタイムスケジュールや詳しいイベント内容は、第40回堺まつり公式ホームページ(下記)を参照のこと

Pocket
LINEで送る