女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2013年10月28日

20周年記念として過去の公開作品も上映 今年もやりまっせ!第20回 大阪ヨーロッパ映画祭

Pocket
LINEで送る

ホテルエルセラーン大阪・阪急うめだ本店などで
11月15日(金)から25日(月)まで

前の記事

 一方の『The Broken Circle Breakdown』は夫婦の物語。タトゥーサロンを営むエリーゼとバンジョー奏者のディディエは、互いに一目惚れし、結婚。娘をもうけ、幸せな家庭を築きますが、娘が病気になり、家族の愛が試されます。「ベルギーの人気女優、ヴェールレ・バーテンス主演の大人が楽しめる愛の物語です。他にも、低所得のシングルマザーがママコンテストで奮闘する『keep Smiling』(グルジア共和国・フランス)や、辛い経験から逃れるため仕事に没頭する女性が、ひょんなことからさえない男性と恋に落ちて周囲を大混乱に陥れる『ナタリー』(フランス)など、共感できる作品あり、心が温まる作品あり。もう、観て頂きたい作品ばかりです!」。
 また、今回の名誉委員長を務める大女優、CCことクラウディア・カルディナーレの出演作品『家族の灯り』(フランス・ポルトガル合作)も上映するほか、ベトナム戦争中にロケが敢行され、その後長期間、フィルムが眠っていた幻の作品『ナンバーテン・ブルース/さらばサイゴン』(日本・ベトナム)といった邦画も2作品登場。
 さらに、今回は20周年を記念し、過去の上映作品の中から人気の高かった作品をアンコール上映。同映画祭実行委員長を務めるパトリス・ボワトーが収集した映画関連グッズを提供する「映画祭の蚤の市」など関連イベントも開催されます。
 「もう、とにかくいろんなことを詰め込んでいます(笑)。ぜひ、会場にきて、映画の魅力を存分に味わって下さい!」
 なお、詳しい開催日程や会場、映画およびイベント内容、料金等は、大阪ヨーロッパ映画祭のホームページ(下記)を参照のこと。

Pocket
LINEで送る