女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2013年10月30日

ワイン? いいえ、「みかさ」のヌーボーです ―特集・○○の秋(食欲)―

Pocket
LINEで送る

株式会社 青木松風庵

みかさヌーボー、11月1日(金)より発売
こだわるからこそ作れる、本物のうまさ

 大阪・和歌山で25店舗を構え、「朝焼みかさ」や「みるく饅頭月化粧」、「和菓山」といった和菓子から、「木の実ひろい」や「船出」、「天使のささやき」といった洋菓子まで手掛ける株式会社青木松風庵。取締役で販売管理室室長の青木智子さんによると「(青木さんの父・青木啓一氏が)昭和59年に創業し、今年で30年になります。祖父母も、父も母もお菓子屋さんで生まれ、私もここで育ちました。ですから、和・洋関係なく、出来立てのお菓子のおいしさを皆様に提供したいと考えています」。

 そのこだわりは強く、例えば「朝焼みかさ」(1個136円)であれば、自家製あんを使用して早朝5時から作り上げ、その日の朝9時には店頭に並びます。使っている小麦粉は国産で、卵はヨード卵・光。餡の命である小豆は北海道十勝産で契約農家からのみ仕入れ、自社で炊いています。「(菓子業界で)自社で炊いている企業さんは1割程度と聞いております。
 でも、お菓子によって合うあんは違いますので、弊社では自分たちで炊き、製餡しています。(あんの)レシピは100種類以上、ありますね」。当然、添加物や香料などは不使用。ベタベタとしつこい甘さではなく、天然の程よい甘味で、多くの甘党を魅了し続けています。(次ページに続く

この記事の続き
ワイン? いいえ、「みかさ」のヌーボーです

Pocket
LINEで送る