女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年10月5日

春を目指して…冬のガーデニング、お手入れ 枯れない植物はそのままで

Pocket
LINEで送る

冬は植物も休眠の時期

 長かった夏も終わり、お庭は早くも冬仕度を考えなければならない季節。葉の落ちた草木を、そのまま放っていませんか?
 夏の間濃い緑に繁った植物も、秋の深まりとともに落葉したり、枯れたりします。これは春まで植物がお休みの時期に入るため。いわば動物の冬眠のようなもの。どんなお手入れをしてあげればいいのでしょう?

枯れない植物はそのままで

 冬でも枯れず、元気なままの植物もあります。
 気をつけなければならないのは、寒さに強いため元気な植物の場合と、南国育ちのため冬を知らず対応できない植物の場合があること。
コニファー類やラベンダーなど、冷涼な地域の植物は寒さも平気。真冬も室内に入れてはいけません。むしろ室内においていたものは、ヒーターなどで室温が上りすぎないよう気をつけましょう。
 でもセントポーリア、ポインセチア、カトレアなど南国生まれのものは、寒さを避けて室内に取り込んであげます。エアコンの風や直射日光は避けて、適度にお日様のあたる場所で冷えないようにしてやりましょう。
 どちらの場合も水は土の表面が乾いてからあげましょう。

Pocket
LINEで送る