女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年8月1日

ハバナ(1990年) Havana

監督: シドニー・ポラック/Director: Sydney Pollack

「私を待っていた?」 「生まれてからずっと」

 損な映画、というか、自分がとても好きな映画なのに、だれも正当に扱ってくれない、とひとり腹を立てているのがこの映画なのだ▼シドニー・ポラックとロバート・レッドフォードはテレビ時代からの親友で息のあったヒット作をつくってきた。「雨のニューオリンズ」「追憶」「コンドル」「愛と哀しみの果て」そして(これはトム・クルーズ主演だったが)「ザ・ファーム」▼「ハバナ」はポラックがオスカー監督賞をとった「愛と哀しみ」(1985)と、世界的な大ヒットになった「ザ・ファーム」(1993)のあいだ、1990年の映画で、今からみると二つの話題作にしっかりはさまれている▼舞台は1958年キューバ。バチスタ政権崩壊前夜、世界最大のカードゲームが行われるハバナだ。一世一代の勝負にのぞむ天才ギャンブラー・ジャック(レッドフォード)と、革命家の妻ボビー(レナ・オリン)と聞くだけで早や、宝塚調大悲恋が予想できるだろう▼これはポラックが盟友レッドフォードを、思い切り「いいカッコ」させるためにつくったワンマンショーである。ツボにはまっているのだ。「おれは無知だが知っていることは知っている。知らないことには手をださない」なんていう哲学的なギャンブラーなのである▼別れのときが迫る、やっと二人きりになれたつかの間のひと時、ジャックがバスタブにいる恋人の体をシャボンで洗ってやる。レッドフォードとはその手つき目付きがいやらしくならない稀有な俳優であろう。G・クルーニーならギトギトだし、ブラピならあごで使われているかも▼いよいよ出港。客たちがつぎつぎ乗船し、閑散となったレストランでジャックはテーブルにカードを並べている。最後に一目あうためやってきた恋人がいう「わたしを待っていた?」「生まれてからずっと」▼よくまあぬけぬけと…ではなく、ここはこういう台詞が絵にもシャレにもなる役者を、あっさり認めるほうが映画は楽しい。ついでだがこの手の台詞をレッドフォードは「二重誘拐」(2004年)でもいう▼夫には愛人がいる。妻は夫の裏切りを知っている。夫はある夜、妻にこう尋ねる「幸せか」「ええ」「君がそうなら、ぼくの人生に不満はない」不満があったのはこっちや、と妻はいいたいだろうが、でも余計なことをいわない妻役は、かのヘレン・ミレン。さすがの演技でした。

"You waited for me?" "Ever since I was born"

A bad movie‚ I mean‚ it is a movie I really like but it doesn’t treat anybody right; it is a movie that irritates me.
Sydney Pollack and Robert Redford were best friends from the television era and have created very good hit films. This Property Is Condemned‚ The Way We Were‚ Three Days of the Condor‚ Out of Africa and The Firm (although it starred Tom Cruise).
Havana‚ made in 1990‚ between Pollack’s Best Director oscar-winning Out of Africa (1985) and the world hit The Firm (1993)‚ I now see that it sits firmly between very two topical films.
The setting is Cuba‚ 1958. The night before the collapse of the Batista regime‚ a large card game is being played. In this high-stakes game is gambler genius Jack (Redford) and Bobby (Lena Olin)‚ the wife of a revolutionary - to which you may envisage a tragic love story from Takarazuka. This one-man show is Pollack’s way of making his sworn friend Redford look as cool as possible . It really fits. "I might be ignorant but I know what I know. I don’t go near things I don’t know‚" says the philosophical gambler.
As the time to part approaches‚ in the fleeting moment when they are finally alone together‚ Jack washes the body of his lover with soap bubbles as she takes a bath. Redford is a rare actor whose hands and eyes aren’t improper‚ just as George Clooney is oiled and Brad Pitt has his jaw.
Finally time to leave port. As the passengers board one after another‚ Jack arranges playing cards on a table in an empty restaurant. Here his lover‚ coming to see him for the last time says "Did you wait for me?" to which he responds‚ "Ever since I was born."
Rather than shameless‚ this one-liner paints the actor and scene stylishly‚ as is easily allowed in movies‚ and is enjoyable. This one-liner is later used by Redford in The Clearing (2004).
A husband has a mistress. His wife knows of his treachery‚ One night he asks her if she is happy‚ to which she affirms. He says that if she thinks so than he has no complaints (though his wife probably wanted to voice her complaint); the role of the wife who doesn’t speak unnecessarily was well performed by Helen Millen.