女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

介護のささやき

2013年11月8日

90歳を超えても体力がつく! 草津市長寿福祉課「いきいき百歳体操」

Pocket
LINEで送る

草津市長寿福祉課
「いきいき百歳体操」

市内の団体・グループにDVDの貸し出しや講師を派遣

 「年をとってから運動しても効果がない」「年をとれば誰でも介護が必要」…。そんな風にあきらめていませんか?
 草津市長寿福祉課によれば、近年、高齢者が体操をすることについて、その効果を調べた医学的研究が多く報告されているそうです。研究では、体操などの運動により、ほとんどの高齢者の筋力や体力が向上し生活の満足度がアップするなどの効果が認められています。
 こうした結果を踏まえて同課では、2009年度から市内で「いきいき百歳体操」の普及に務めています。
 「いきいき百歳体操」は、高知市が02年に考案したもので、準備体操・筋力運動・整理体操の3つの運動を実施。重さを調整できるおもりを手首・足首に巻きつけ、基本的にはいすに座ってゆっくり手足を動かすことで筋力や体力を養います。

体操で自信回復・生活も充実

 長寿福祉課では、「いきいき百歳体操」のサポーター養成講座を開講し、市内の高齢者団体やグループに派遣しているほか、DVDやビデオ・おもりを貸し出しています。13年10月現在、市内で「いきいき百歳体操」に取り組んでいるのは、87団体・約1900人。体操を週1回以上・3カ月以上行ったところ、「片足立ちが平均で約2秒間長くなった」「歩くスピードが早くなった」などの結果が報告され、同課は「体操によって筋力や体力が増えるだけでなく、自信がついたり、生活や行動範囲が広がるなど、さまざまな効果が期待できる」として、今後も普及・啓発を図る方針です。
DVDの貸し出しについては、5人以上で、週1回以上体操を続けられる草津市内の団体のみに行っています。

Pocket
LINEで送る