女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2013年11月22日

人気メニューをアレンジ 地場産活用で高評価 いずみの国グルメグランプリ in 和泉2013

Pocket
LINEで送る

和泉市桑原町
料理屋 包丁一本

一般審査員の支持No.1
準グランプリと審査員特別賞をW受賞

 10月19日・20日に行われた「いずみの国グルメグランプリ in和泉2013」。ゲスト審査員に料理人の林裕人さんを迎え、一般審査員である来場者の投票も加味してグランプリ・準グランプリが選ばれました。
 そのうち、準グランプリを受賞したのが和泉市桑原町にある「料理屋 包丁一本」の「泉州玉葱と牛トロてっちゃんの焼きうどん」。同店店長の古下(こしも)智章さんによると「普段から『牛トロてっちゃんの焼きうどん』はお店で提供しています。可能な限り泉州産の玉ねぎを使ってはいますが(時季や仕入れの都合などによっては)違う玉ねぎも使用することもあります。グランプリ開催時には、すべて泉州産の玉ねぎを使用して、アレンジもしました」。
 お店でも評判の同メニュー。グランプリは有限会社いずみの里の「 みかんくるみもち 」に譲ったものの、昼食時には行列ができ、2個・3個と購入する来場者がいたほどの人気だったそうで、一般審査員の投票で1位を獲得。審査員特別賞も受賞しました。

 しかし、古下さん自身は「他の皆さんのメニューもおいしかったので、まさか受賞できるとは思っていませんでした。それに、だんじり祭りの後ということもあってお店がたて込んでいましたから、私は結果発表前に(お店に)戻ってきていたんです」。従業員数名が会場に残り撤収作業をしていたそうですが、予期せぬ受賞に驚いたのだとか。
 「『牛トロてっちゃんの焼きうどん』は(泉州玉ねぎだけではなく)信太山で畜産業を営んでいる精肉店から仕入れたホルモンを使用しています。地場産のものや地域の食材を使っているところが、評価されたのだと思います」。実際、林さんからも『地のものを使い、活かしている』と評価されたそうです。
 「てっちゃん(ホルモン)の油だけで、他に油は使わずに作っています。コラーゲンたっぷりですし、うどんが油を吸って(食べやすくなって)いますから、女性のお客さんにも人気なんです」。地元の食材を、おいしく食せる同メニュー。ぜひ、お店でもご賞味を。
 通常価格は780円

Pocket
LINEで送る