女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年11月23日

紅葉の名所で「お・も・て・な・し」 交野物産アンテナショップ、営業中!

Pocket
LINEで送る

ほしだ園地 交野物産アンテナショップ

12月第1週まで 土日祝日に開店
グルメや物産で交野をPR

 年間約60万人が訪れる大阪府民憩いの地・ほしだ園地。季節を彩る自然はもちろん、西日本最大級(高さ50m・長さ280m)の大吊り橋「星のブランコ」もあり、ファミリーからウォーキング愛好家まで年代を問わず楽しめる自然公園です。
 とくに秋の紅葉、春の桜は同園の見どころ。来園者も多く、絶景を味わっていますが、一方で食べ物を販売している売店などがなく、お弁当などを持参するしかありませんでした。
 交野市星のまち観光協会の武岡勇さんによれば、「(市外の人で)交野の読み方や、交野市の場所をご存じない方が少なくないんです。私たちは(交野市を訪れる人への)おもてなしを通じて交野をPRしていこうと考えており(その一環として)アンテナショップを始めました」。
 そこで、交野市を広くPRしていこうと活動している「交野市星のまち観光協会」のボランティア会員が中心となり、ほしだ園地管理事務所と協力して、同園内に4年前から交野物産アンテナショップを秋と春にオープンしています。

 売られているのは、市内の飲食店が手がけた菓子パンや和洋菓子、市内にある養蜂場で作られたはちみつ、JA北河内交野支部女性会が漬けた「交野漬」といった交野の特産品や、人気のゆるキャラ「おりひめちゃん」「星のあまん」のグッズなど、かたのグルメまつり で入賞した同市の新たな名物やお弁当も販売されており「自分たちで食べ物を持ってこなくてもよくなった」「休憩できる場所があり(菓子パンやラスクなども売られていて)小腹が空いた時にちょうどよい」と好評だそうです。
 「ほしだ園地のハイキングコースには1時間程度で楽しめる5、6kmのコースや、2時間くらいで歩ける約10kmのコースがあり、ご家族連れもハイカーも楽しめます。ゴミはちゃんと持ち帰るなど山のルールを守りながら、自然を満喫して頂ければと思います」。
 交野物産アンテナショップは、ほしだ園地管理事務所「ピトンの小屋」横の広場で、12月第1週までの 土日祝日、10時から15時まで営業(雨天の場合はピトンの小屋内にて営業。時間変更の場合あり)。なお、天候などにより上記の商品がない場合もあります。また、駐車場(有料・普通車は2時間200円)は季節によって利用できる時間が異なります。詳しくは、下記ホームページ参照のこと。

Pocket
LINEで送る