女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年12月3日

今季のVプレミアリーグも堺ブレイザーズが熱くする!

Pocket
LINEで送る

堺ブレイザーズ 記者会見

グラチャンバレー出場選手も合流
二連覇目指し、更なる高みへ

 12月7日(土)に開幕するバレーボールの最高峰・2013/14Vプレミアリーグ。それに先駆け、昨年の覇者・堺ブレイザーズの記者会見が11月26日(火)に行われました。
 会見の冒頭、11月12日から24日にかけて開催された※ワールドグランドチャンピオンズカップ2013(以下・グラチャンバレー)に出場した同チーム選手4人※1が登場。各選手とも「出場できず、貢献できない試合もあり、力出せず悔しい」(千々木駿介選手)「(今回の大会で)収穫はありません。根本から変えないとダメ」(石島雄介選手)など、勝利を上げられなかった悔しさを口にした一方で「(対アメリカ戦で1セット奪取した際には)サーブが機能していました。アグレッシブなサーブがあれば戦える」(松本慶彦選手)「(グラチャンバレーでは)出場機会が与えられず、悔しい思いもしましたが、課題も見えてきました。それらをコートで表現したい」(今村駿選手)「世界との差を痛感しましたが、この差を埋めるためにはVリーグで実力を発揮して、世界のスタンダードに近づかないといけません。堺で結果を出したい」(石島選手)と、力強いコメントも。

 また、同チームの全選手や関係者などが揃った会見では、酒井新悟監督から「グラチャンが終わり、全日本組がケガなく帰ってきた。石島選手や松本選手は(リーグ戦までに)調整してくるだろうし(千々木選手や今村選手は)グラチャンで得た知識や経験を活かしてくれると思う。残った選手も副主将の井上(裕介)選手を中心にモチベーションを保ち強化が計れた。今までやってきたことの精度を高め、チームワークに磨きをかけて、連覇できるように頑張りたい」と抱負があり、主将の石島選手も「昨年は前半から中盤までは選手一人ひとりが『どうやったら勝てるか』を模索し、チームが一体となって優勝できた。今季もサポーターの皆様と一緒に優勝の喜びを分かち合えるよう頑張ります!」と決意表明。連覇に向け、今年も堺ブレイザーズは熱い戦いを繰り広げそうです。
 なお、同チームの2013/14Vプレミアリーグ・ホーム開幕戦は12月21日(土)、22日(日)※2。その他、詳しい情報は同チームホームページ(下記)参照のこと。

1 男子は11月19日から24日に試合開催。なお、横田一義選手は諸事情により欠席
2 試合情報
 平成25年12月21日(土・14時05分第1試合開始)
 第1試合 堺ブレイザーズvsJTサンダーズ
 第2試合 豊田合成トレフェルサvsFC東京
 平成25年12月22日(日・13時05分第1試合開始)
 第1試合 堺ブレイザーズvsFC東京
 第2試合 豊田合成トレフェルサvsJTサンダーズ
▼会場=堺市金岡公園体育館 堺市北区長曽根町1179-18
▼料金(前売)
 アリーナ指定席3‚500円(高校生以下1000円)
 スタンド自由2‚500円(高校生以下500円)
 チケットぴあ・ローソンチケット・イープラスで販売中

Pocket
LINEで送る