女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年12月16日

人気のゆるキャラ・おづみんの グッズを買うなら、ココ@^o^@ノ!

Pocket
LINEで送る

泉大津市役所 おづみんグッズ販売所 おづみん屋

お子さんにも購入しやすい価格帯
純日本製の膝掛け毛布も人気

 泉大津市のマスコットキャラクター・ おづみん 。可愛らしい羊の羊精(妖精)で、今年開催された「ゆるキャラグランプリ2013」では2万139ポイントを獲得。大阪府内のキャラクターでは7位、全体でも1579体中129位に入る健闘を見せるなど、全国的に知名度が上がりつつあります。
 そんなおづみんのグッズが、同市市役所1階にある「おづみん屋」で販売されています。担当の企画調整課によれば「おづみんは平成24年4月に誕生しました。広く皆さんに知って頂くためにグッズを作ろうと制作し、同年の10月からおづみん屋を開設しました」。
 当初は企画調整課のある4階で販売していましたが、市民からの声もあり、利便性を考え、今年の5月から1階の人権市民共同課窓口に移設。以降、徐々に市民にも浸透し、グッズの販売点数は上がってきているそうです。

 「市のPRを目的に行っていますので、多くの市民の皆様に身に付けて頂こうと 、缶バッジ(100円)やピンバッチ(250円)、ミニタオル(150円)、クリアファイル(150円)といった、お子さんが自分のおこづかいで買える価格帯のものを作っています。また、泉大津は毛布の生産量日本一ですので、膝掛け毛布(1‚600円)も制作しました。このサイズ、このクラスでメイドインジャパンのものは、なかなかないと思います」 。
 ちなみに、これらグッズのデザインはすべて市の職員が担当。センスがよく、可愛らしく、年代を問わず使えるものばかり。実際、奥さんに膝掛け毛布をプレゼントしたという30代の男性は「デザインも良いし、愛らしいだけではなく質も良いので、かなり喜ばれました!」。他にも「嫁さんにミニタオルを買ってあげたのですが、普段使いに重宝しているみたいです。新しい色も出たそうなので、色違いもプレゼントします」(30代・男性)といった声も。
 「市内の方はもちろん、市外の方にもおづみんグッズを身に付けて頂ければと思います。買いやすい価格ですし、泉大津市を全国に発信するツールとして、おづみんを応援して頂ければと思います」。
 100cm×70cm

Pocket
LINEで送る