女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年12月14日

環境都市・京都でEVと光のアートの融合

Pocket
LINEで送る

一般財団法人 次世代自動車振興センター

「守るべき伝統美」と「先端技術」が共演する3Dプロジェクションマッピングショー

 EV(電気自動車)とPHV(プラグインハイブリッド自動車)の環境への配慮や走行性能・快適性などを紹介する広報イベントが12月12日(木)、京都駅前広場中央コンコース前で行われました。
 近年、地球温暖化対策やエネルギー問題への関心の高まりを受け、注目を集めているEVとPHV。イベントでは、桝田剛司・次世代自動車振興センター事務局長がEV・PHVの性能の高さや充電インフラの整備状況などを報告した後、フリーパーソナリティーの角淳一氏、東京駅のプロジェクションマッピングを手掛けた映像クリエーター・村松亮太郎氏とトークセッションを行いました。

EVが支える伝統文化と自然

 会場では村松氏が演出した3Dプロジェクションマッピング映像が投影され、世界的な書家・吉川壽一氏が描いた作品とEVとの融合で、「環境に配慮したEVが守るべき日本の伝統文化や自然を支えている」ことをアピールしました。
 会場では2日間にわたり15分ごとに3Dプロジェクションマッピング映像が投影されたほか、EVとPHVの体験試乗会も行われました。

Pocket
LINEで送る