女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年8月4日

太陽がいっぱい (1960年) Plein Soleil (1960)

Pocket
LINEで送る

監督:ルネ・クレマン/Director: Rene Clement

「わたしがいちばん きれいだったとき」

 これは賞賛が出尽くした映画だ。アラン・ドロンの出世作であるとか、貧しい青年の野望にみちた犯罪とかを、今さら書いたところでなにが言えたわけでもない、という厄介な映画だ▼同じ原作者(パトリシア・ハイスミス)の小説を映画化した「リプリー」が、原作により忠実であるとされながら、興行的にも賞争いでもイマイチだったことを思うと「太陽」の成功はつまるところアラン・ドロンとルネ・クレマンの組み合わせだった、とみてもあながち見当違いではないだろう▼フランスで公開されたのは1960年3月10日。映画史では1950年代末から台頭したヌーベル・バーグがフランスをおおっていた。代表格はご存知ジャン・リュック・ゴダール。フランソワ・トリュフォー▼公開時の彼らの年齢は30歳、28歳、この6年後「男と女」でオスカー外国語映画賞やカンヌ映画祭の大賞をとるクロード・ルルーシュに至っては23歳。アラン・ドロンは24歳。クレマンは57歳だった▼既にクレマンは「海の壁」や「禁じられた遊び」で世界的な名声を得ていた。そんな57歳の監督は彼らからみると功なり名遂げた巨匠、つまり「できあがったオジン」だっただろう▼ヌーベルバーグの映画技法は同時録音や即興の演出、ロケ撮影中心という生々しい感覚を好んだが、クレマンにすればどう映っただろう。これらの手法はクレマンの最も得意とするところだった。彼の出世作はドキュメンタリーであり、彼はその名手なのである。自分の得意技を駆使して世間を席巻している若い作家たちに、忌々しさはなかっただろうか▼もてはやされる新しい潮流を横目に、自分の時代は去ったのか。寂寞と焦燥がたち込める。そんなときだ、アラン・ドロンが目の前に現れたのは。クレマンは一目で悟ったのではないか「これだ」▼背徳のなかの真実、友情のなかの裏切り、狂的なあこがれと欲望と犯罪への共鳴。映画づくりのどんな理窟も影が薄くなる、そんな匂いを肉体から放ち、天性の美貌という猛毒をもった美しい蛇を、クレマンはヌーベルバーグの群れに解き放つ…▼「太陽」は、削げた頬におちる青い影さえ意味ありげにみえた、アラン・ドロンの文字通り「わたしがいちばんきれいだったとき」(茨木のり子)の映画だ。一世を風靡するアラン・ドロンの背後で、逆襲に成功したクレマンの高笑いが聴こえる映画だ。

When I was most beautiful

This is a movie beyond all praise. It was Alain Delon’s first major movie‚ had the ambitious crime of a poor youth‚ and yet at this point I have not really said anything- such is this troublesome movie.
This cinemized version of Patricia Highsmith’s novel The Talented Mr. Ripley‚ though faithful to the original‚ it was not so great at the box-office nor do too well in awards. With this in mind‚ viewing its success as the pairing of Alain Delon and Rene Clement is not necessarily irrelevant.
It was released in France on March 10‚ 1960. In cinema history the rise of Nouvelle Vague swept France. Its representatives are the well-known Jean-Luc Godard and Francois Roland Truffaut.
At its release they were 30 and 20 years old respectively. Six years later the film Un Homme et une Femme won the Best Foreign Language Award at the Oscars when Claude Lelouch was 23 years old. Alain Delon was 24‚ Clement was 57.
Clement had already made a name for himself around the world with the films Barrage Contre le Pacifique and Jeux Interdits. They saw the 57 year old director as a successful maestro‚ or put simply‚ as an ‘accomplished old timer’.
Nouvelle Vague’s preferred filming technique is centred on the raw sensation of location filming: simultaneous recording and improvisation; but how did Clement see things? These techniques were his speciality at the time. His first success was a documentary‚ at which he was an expert. Making the best use of his skills‚ I wonder if there was any annoyance among the young artists sweeping the world?
Taking a glance at the highly lauded new trends‚ was his era over? He was shrouded with impatience and loneliness. It was at that time when Alain Delon appeared before him. Perhaps at first glance Clement realised‚"This is it!"
The truth in immorality‚ betrayal in friendship‚ the echo toward a crazed yearning‚ desire and crime. The shadow of any logic in film-making grows thin‚ that smell is released from the body; the beautiful snake with a deadly poison of natural beauty was released upon the Nouvelle Vague group.
Plein Soleil sees Alain Delon like the blue of a shadow falling upon a slender cheek‚ in the literal sense of the poem "When I Was Most Beautiful" (Ibaraki Noriko). Having struck back‚ in this movie we can hear Clement’s laughter as he watches Alain Delon take the world by storm.

Pocket
LINEで送る