女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年12月27日

古き良き英国の雑貨店高槻に再現

Pocket
LINEで送る

食のセラピスト 藤田康子さん

カフェやレストランとしてレンタル可能
ここで腕を磨いて、巣立って欲しい

高槻市、大阪医科大学の近くにある住宅街。一般的な家屋が並ぶ中、古き良きヨーロッパを感じさせる洋館が現れます。
洋館で暮らすのは、「食のセラピスト」として、全国各地や海外で食生活や心のケアなどを行っている藤田康子さん。「10年以上前から、ここで暮らし始めました」。当初は一般的な日本家屋でしたが、自身の手で徐々に改装。「イギリスの田舎にある雑貨屋さんをイメージしています」。
藤田さんは「食のセラピスト」の資格をイギリスで取得。その際、イギリスの生活スタイルに感銘を受けます。「古いものでも大切にして、生活を楽しんでいます。決して高価なものではないけど、大切に大切にしているんです」。室内にレイアウトされた雑貨は、イギリス本国の雑貨家さんなどで手に入れたもの。19世紀から使われている物も少なくないのだとか。「本国でも手に入りにくい物もありますね」。

実際にイギリスを見て、肌で感じてきた藤田さん。だからこそ、イベントなどで再現されているイギリスの古民家などを見る度に違和感を覚えていました。「(イギリス風ではなく)本当のイギリスのお家を再現したかったんです」。また、藤田さんは洋館をレンタルしています。
「若い方にこの家をお貸しして、カフェやレストランなどに使ってもらえればと思っています。西洋の器もあるし、庭にはピザやパンを焼けるかまどもあります。(阪急高槻市駅に近く)立地条件も良いですから、腕だけでできます。(店を立ち上げて)資本金が大変だったり、苦労をされている若い方のお話も聞いたことがありますので、ここで腕を磨いて飛び立って欲しいと思っています」。

一時、仕事の都合で休止していましたが、現在は再開。すでに利用者もおり、週に1回コーヒー店を行っている女性からは『1日、ここにいるだけで幸せ。ここで夢が叶った』と感想も頂いたのだとか。「そんなこと言われたら、お金、もらえないじゃない(笑)。だから、基本的には無料。ここで自信をつけて、ここから巣立っていって、成功報酬をちょうだいねって、言ってます(笑)」。その他、撮影などでも使ってもらえればと、藤田さん。
「イギリスはこんな感じだと伝えたいですし、本当の昔のイギリスの暮らしを伝えたいと思っています。それに、若い方のお役に立てれば、嬉しいですね」。
なお、レンタルの期間や料金などは藤田さんとの面談で決定。電気・ガス・水道の使用料は別途必要。詳しくは、問い合わせ先まで。

Pocket
LINEで送る