女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2011年9月2日

KAIの異文化交流日記 Vol.2

Picture Books

The other day a friend asked me what I do on my day off. I told him that I enjoy reading picture books to my daughter. He was surprised because she is still five months old‚ but I told him that there are many books for young children‚ even babies.



My daughter really enjoys looking at Peter Rabbit books (written by Beatrix Potter). I bought one in Australia that has a Peter Rabbit finger pupper attached‚ so when you turn the page he is always in the story. She also likes a colourful book by Eric Carle‚ it is called Does a Kangaroo Have a Mother Too? She likes to look at the different animals that appear.

I try to speak in only English with her. Of course she is still very little but I hope that one day she will be bilingual. In Japan there are many English-language books available‚ including picture books. It is very convenient for non-Japanese parents like me. I am still deciding what book I will buy next.

「絵本」

ある日、友達が僕に尋ねた。「休みの日は、何をしているの」僕は「娘に絵本を読むんだよ」と答えた。彼は驚いた。というのも僕の娘はまだ5カ月。でも赤ん坊とはいえ、小さな子供たちのための本はいっぱいあるのだと、僕は友達に言った。
娘はピーター・ラビットの本(ベアトリクス・ポッター著)が楽しいみたいだ。オーストラリアで買ったその本には、ピーター・ラビットの指人形が付いていて、ページをめくる度に、ピーター・ラビットがストーリーの展開についてくる。娘は、エリック・カールによる、カラフルな本も好きだ。タイトルは「Does a Kangaroo Have a Mother Too?」(カンガルーの子どもにもかあさんいるの?)。ストーリーに出てくる動物たちも、娘は大好きなんだ。
僕は英語だけで彼女に話しかけている。もちろん彼女はまだとても幼い、でもいつか彼女がバイリンガルになってくれることを願っている。日本では、絵本を含め、たくさんの英語の本がでている。それは僕のような外国人の親にとって、とても便利なことだ。次に買うのは、何の本にしようかな?