女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2014年1月8日

旬の簡単・お手軽レシピ 1月11日は鏡開き!お餅を新鮮に味わう「カレー雑煮」

Pocket
LINEで送る

カレー雑煮

鏡餅には、神様の力が宿っている

 寒中お見舞い申し上げます。
 皆様どんなお正月をお過ごしだったでしょうか。もうすぐ「鏡開き」です。京都など関西地方の一部や社寺では1月4日に行うところもあるようですが、一般的には1月11日。神様にお供えすることで鏡餅には神様の力が与えられ、それをいただくことで1年間の無病息災や長寿を祈るのです。鏡餅を刃物で切るのは「切腹」を連想させるため手や木槌が使われ、「切る」「割る」という言葉も避けて「開く」と言われます。「開く」には「末広がり」の意味もあります。
 「鏡餅」の丸い形は家庭円満を表し、重ねた姿には1年をめでたく重ねるという意味があるとされています。また「鏡餅」という名の由来は、丸い形が昔の銅鏡に似ているから(鏡は神様が宿るところと考えられていました)とか、良い手本や規範に照らして考えるという意味の「鑑みる(かんがみる)」にあやかり「かんがみもち」から変化したなど諸説あります。
 鏡開きの日は、そのお餅をお雑煮やお汁粉で食べる方も多いでしょう。しかし、「お雑煮には飽きた」「お正月太りの身に甘いお汁粉はヤバい…」という方も少なくないはず。そこで、変わり雑煮をご紹介! お子様もきっと喜んでくれると思いますよ。ぜひお試しください。

カレー雑煮

材料(2人分)
ジャガイモ・・・中1個
人参・・・3cm
玉ねぎ・・・中1/2個
水・・・2カップ
ローリエ・・・1枚
コンソメ・・・1個
カレールー・・・1個
牛乳・・・1/2カップ
お餅・・・2~4個
(作り方)
1.野菜を一口大に切り、水・ローリエ・コンソメで柔らかくなるまで煮る。
2.カレールーを溶きいれ、牛乳を加え、沸騰直前で火を止める。
3.焼いたお餅と2をお椀に分け入れる。
Point!
・おせちやお餅に飽きた口にも、カレー味が新鮮!
・体がポカポカ温まります!

Pocket
LINEで送る