女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2014年1月13日

消費税8%へ 増税でもあわてない 知っておきたい主婦の心がけ7か条

Pocket
LINEで送る

消費税アップの前に知っておきたい心がけ

消費税アップの前に知っておきたい心がけ

いよいよこの春、消費税がアップ!
 「今のうちに」と気がせくものですが、買いだめに走っても実は損だったりします。
 家計をにぎる主婦として、ここは肝っ玉の見せ所。増税にもあわてない7か条、心がけておきませんか?

1.まずはあわてず冷静に
 冷静に考えれば105円→108円、つまり3円しか変わりません。もちろん100万円の品なら3万円もアップなのですが、そんな高額商品を買うなんて滅多にないはず。日常の買い物は節約次第で影響を抑えられると理解しましょう。
2.宣伝にあおられない
 お店にすれば「増税前に」という言葉は大きなセールスポイント。でも実は増税後に安売りセールがあったり、「今のうち」という価格が増税後もそのまま…なんてケースもあるはず。宣伝にあおられて不必要なものまで購入せず、本当に必要か、その価格が正しいのか、考えてから購入しましょう。
3.あせって安物買いしない
「安物買いの銭失い」ということわざ通り、安さだけで買うとすぐ壊れたり、使い勝手が悪かったり、結局買い直した…ということも。品質がわかっている品が安ければ購入すべきでしょうが、安いだけで品質に不安なものはNGです。
4.底値を知っておこう
 生活用品や食品は、同じ品でもお店、曜日、時間によって価格が違います。どの店にいつ行けば安いか、どの店がどんな品を得意としてるのか、今のうちにリサーチしておきましょう。
5.本当に必要なものには割り切って
 本当に必要なものに出費をおしんではいけません。例えば医療費や教育費、保険など、家族の健康や将来にかかわるものには、増税分もわりきって出費しましょう。もったいないからと検査に行かず病気になってしまったら大出費になるだけでなく、命にも関わってきます。
6.消費税増税前に買って得する物はない?
 定期券やチケットのように、恣意的な価格変動のないものは増税前に買うべき。でもその他のものでは「増税前に買って得する物はない」と断言する人もいます。それは前述のように、セールがあったり減税措置がある場合もあるため。また無駄な買いだめは場所をとるだけでなく、痛んだり、「たくさんあるから」と無駄遣いしてしまいがちです。トータルに計算すると、無駄遣いということにもなりかねません。
7.ポジティブに考えよう
 この機会に今までの生活に無駄遣いはないか、考えてみましょう。光熱費や食費など、案外無駄にしていたお金も多いはず。真剣に見直せば、増税前と同じ、それ以上に出費を下げることもできるかも! ポジティブ・シンキングの方がよい結果を生むはずですよ。

◎消費税関連の記事
消費税8%へ 消費税増税のメリットって何?
気になる消費税…課税・非課税のボーダーライン!(1)

Pocket
LINEで送る