女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2014年1月17日

進まない復興… 被災地では、何が起こっているのか

Pocket
LINEで送る

大経大講座2013『これからの地方自治を考える』
「東日本津波・大震災復興の現場から」開催

講師は現地の最前線で復興に取り組んだ 末村祐子氏
2月15日 14時から

 地域の活性化や少子高齢化、年金問題、防災・震災復興など、私たちを取り巻く生活環境は大きく変わりつつあります。「誰かが何とかしてくれる」と行政機関をあてにすればいい時代ではなく、生活レベルの活動も、様々な問題を考えつつ行動しなければならない――地域住民一人ひとりが自分たちのまちの課題に向き合い、解決していく時代になってきているのです。
 そこで大阪経済大学では『住民の地方自治体への参加が、日本経済や社会の発展と地域住民の安心を確保するための最善策』と考え、今後の地方自治はどうあるべきかを市民レベルで考える講座「大経大講座2013『これからの地方自治を考える』」を開講。そのひとつとして、2月15日(土)に「東日本津波・大震災復興の現場から」を開催します。
 講師は同大客員教授で復興庁岩手復興局復興推進官である末村祐子氏。東日本大震災から3年が経過してなお、復興は進んでいないのではと危惧する声も多く聞かれますが、震災直後から岩手県の被災自治体に身を置き、最前線で復興に取り組んできた立場から「現地では何が起こっているのか」を伝えます。
 なお、開催時間は14時から15時30分。会場は同大・大隅キャンパス。定員は400人(先着順・定員になり次第締切)で参加申込み締め切りは2月6日(木)。申込みはURL( http://www.osaka-ue.ac.jp/life/openlecture/curriculum/ )にアクセスし、公開講座一覧をクリック、該当する講座を選択(はがき、FAXで申込みをする場合は「大経大講座受講希望」と明記し、必要事項〈受講希望者の郵便番号・住所・氏名・フリガナ・電話番号・年齢・性別・職業と、セミナーコード204〉を記入。送り先は下記参照)。その他、詳しい内容は同大エクステンションセンター(下記)まで。

Pocket
LINEで送る