女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2014年1月30日

おいしい「たまごかけごはん」味わいません?

Pocket
LINEで送る

大阪市浪速区日本橋
卵かけ御飯専門店 美味卯

厳選した6種の卵にうまい米
各種イベントもあり、交流の場にも

 4年前、大阪・日本橋に誕生した「卵かけ御飯専門店 美味卯(びみう)」。その店主・梅田梨江子さんは「卵かけ御飯、大嫌いだったんです(笑)。でも(知人から)すごくおいしい卵を紹介してもらって、食べてみたらおいしくて! それで、卵にもいろんな種類があるんだな、と思ったんです」。多種の卵を選び食べられるお店があったら楽しいのでは。梅田さんは6種類の卵を厳選、提供しています。
 「おいしかったものの中から、生まれて1、2日しか経っていない状態で(卸業者から)仕入れられるものを選んでいます」。なかでも梅田さんのお勧めは大分県産「初玉子」。
 「鶏が初めて卵を産んでから90日以内に生まれた卵です。小ぶりですが、濃くておいしいんですよ!」。記者も頂きましたが、確かに濃厚な味わい。それに、卵だけではなくお米も甘味があって、そのまま食べても口いっぱいにお米本来のうま味が広がります。
 「新潟県長岡市の契約農家に直接行って交渉して、仕入れるようにしました。農薬・化学肥料を5割以上減らした減農薬減化学肥料の特別栽培米です。大阪府内では、あまり食べられないと思います」。卵かけ御飯として食べることを考えて、少し固めに炊いているのだとか。「炊く時に使う水は浄水器を使用し、ph値にもこだわっています。また、しょう油もオリジナルの出汁しょう油の他、20種類以上を選んで頂けるようにしています」。

 ここまでこだわった卵かけ御飯。でも、お値段はリーズナブルで、卵(大分県産「白がんこ村」または同「桜がんこ村」)・御飯・みそ汁・香物がセットになった「美味卯セット」が通常500円、ランチタイム時は390円。プラス50円で、卵を梅田さんお勧めの初玉子や大分県産「すずらんの里」に変更でき、100円追加すれば鹿児島県産「薩摩赤玉」や同店一番人気の大分県産「蘭王」に変更も可能。「蘭王は色鮮やかなオレンジ色をしています。昔ながらのおいしい卵の味がすると評判なんです」。
 また、同店は味だけではなく雰囲気も良く、アットホームな感じ。「一方通行な接客ではなくて(日常会話などの)お声をひとこと、お客さんへかけるようにしています。このお店でいろんな方が知り合って、交流して頂けたらと思っています」。平日は昼・サラリーマン、夜・電気屋街の買い物客、休日はカップルや家族連れが多く、海外からの観光客も来店するのだとか。
 「生卵を食べる習慣がない国の方々にとっては珍しいみたいですね」。その他、各種イベントも行っており「アーティストさんのオフ会やスーパーGT(国内のカーレース)ファンの集いも行いました」。コーヒー党の常連客が良い豆を厳選・自家焙煎し提供するイベントなども開催しており「1月29日が開店4周年なのですが、2月いっぱいは記念イベントを行う予定です。(それ以外でも)これからも、面白いことがあったらイベントしていきたいですね」。
 食でも接客でも催しでも人を笑顔にするお店・卵かけ御飯専門店 美味卯。「(新鮮な生卵は)美容などによいと言われています。卵かけ御飯は女性に優しい食べ物ですから、新鮮でおいしい生卵を、ぜひ食べに来て頂きたいですね」。

Pocket
LINEで送る