女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年8月26日

シャレード (1963年)  Charade (1963)

Pocket
LINEで送る

監督:スタンリー・ドーネン/Director: Stanley Donen
出演 オードリー・ヘプバーン、ケーリー・グラント/Starring: Audrey Hepburn‚ Cary Grant

やっぱりオードリー。 優雅なサスペンス

 これぞオードリーの代表作「ローマの休日」をさておいてなぜ「シャレード」なのか。というのはいかにもオードリーのために業界屈指のピカピカのチームがこの映画をつくったという気がするのだ。監督のスタンリー・ドーネンは当時39歳。ミュージカルの金字塔「雨に唄えば」を撮ったのは何と28歳だった。以後「略奪された7人の花嫁」のほか「パリの恋人」「いつも2人で」といったオードリーとの快作がある。本作でも得意のコミカルな味わいが充分発揮されている▼ケーリー・グラントとくると「シャレード」のヒットは彼が共演したからだといわれたほどだ。豊かな経歴、9歳のとき母親が失踪したトラウマがひきずるミステリアスな私生活と雰囲気、とくに(本作でもそうだが)女に迫られる男を演じて右にでる役者がいないという「受けの芝居」が絶妙だった▼ジョージ・ケネディ、ウォルター・マッソー・ジェームズ・コバーンという脇役陣も映画を分厚くした。筋書きは富豪夫人レジーナ(オードリー)の夫の葬儀に妖しい三人が現れる。夫は第二次大戦中に25万ドルの金塊をどこかに隠したとして狙われていた。グラントは映画の冒頭、スキー場のゲレンデに姿を現す謎の人物である。どこまでも優雅なサスペンスなのだ▼フランソワ・トリュフォーの「ピアニストを撃て」のオマージュでもある「シャレード」(2002年)リメイク版にもふれておこう。監督はジョナサン・デミ(羊たちの沈黙)であるばかりか、シャルル・アズナブール、アンナ・カリーナ、ベルギーの女性監督アニエス・ヴァルダ(五時から七時までのクレオ)という、シャンソンの大御所やヌーベルバーグ第一線の俳優・監督がカメオ出演した▼本編の大トリはやはりこの人、音楽のヘンリー・マンシーニにしたい。「ティファニーで朝食を」でオードリーが歌った「ムーンリバー」、哀切きわまりない「ひまわり」。「シャレード」もまた映画音楽屈指の名曲となった。曲のイメージと同じ、やさしく面倒見のよい人柄でオードリーとは長い友人つきあいだった。後進の指導にも熱心でいくつもの大学から名誉博士号を受けている。とまあ、こんな豪華な陣容だったわけです。

That’s Audrey. An elegant suspense.

Why is Charade the work that pushed aside Audrey’s masterpiece Roman Holiday? I have the feeling that this film was made for Audrey by one of the best new teams of the industry. Director Stanley Donen was 39 years old at the time. He was only 28 years old when he filmed his musical monument Singin’ in the Rain. Afterwards‚ apart from Seven Brides for Seven Brothers‚ his other good works with Audrey are Funny Face and Two for the Road. Even in Charade‚ there is plenty of his comical taste.
With Cary Grant‚ it is said that the success of Charade was because he co-starred. He is rich in experience‚ he cannot get over the trauma of losing his mother at 9 years old‚ his mysterious personal life and atmosphere about him‚ especially (and also in this film) playing men being pursued by women and not having any actor rival his popular role is excellent.
George Kennedy‚ Walter Matthau‚ James Coburn as supporting cast members really fatten this movie. The plot is about three shady characters appearing at the funeral of wealthy widow Gina’s (Audrey) late husband. Her husband was being hunted for $250‚000 worth of gold that he buried somewhere during the Second World War. Grant is at the beginning of the film‚ as a mysterious figure that appears on the ski slopes. Everywhere in the film is an elegant suspense.
Paid homage to in Francois Traffaut’s Shoot the Piano Player‚ let’s talk about the 2002 remake of Charade. The director is Johnathan Demme (The Silence of the Lambs)‚ Charles Aznavour‚ Anna Karina‚ Belgium female director Agnes Varda (Cleo from 7 to 5); all front line actors and directors of the chanson period and Nouvelle Vague made cameos.
The phoenix of the original‚ I would like to say is music director Henry Mancini. Moon River sung by Audrey in Breakfast at Tiffany’s and extremely sad Sunflower. Charade also became the prominent song of film music. Synonymous with the song is the caring and good-natured Audrey which is the friendship of longtime friends. Even in the instruction of the younger generation having passionately received honourary doctorates from numerous universities. Well it was this splendid lineup after all.

Pocket
LINEで送る