女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

アニマルハート

2014年4月4日

縁結びのお寺さんで新たな家族(ペット)と出会いませんか?

Pocket
LINEで送る

百済山 長榮寺

ペットのお墓があるお寺としても有名な長榮寺で毎年行われているペットの里親会。春の合同慰霊祭の日に開催され、新しい縁が結ばれています(写真は昨年の様子)

NPOハート徳島が協力 4月6日、里親会開催

 東大阪市にある古刹・長榮寺。推古天皇や聖徳太子などが創建に関わったとも言われている由緒正しい同院は、ペットのお墓があるお寺としても知られています。
 その長榮寺で、4月6日(日)13時から15時まで、ペットの里親会を実施します。長榮寺の副住職・上月(こうづき)明守さんによると「(元々)10年ほど前に当院で飼っていた犬が亡くなり、そのお墓をつくろうと考えておりましたところ、檀家さんからの希望もございまして、合同のお墓をつくることとなりました」。現在では県の内外から納骨にこられる方がいらっしゃるのだとか。では、なぜ里親会を?
 「家族の一員として愛情を注がれるペットがいる反面(悪質ブリーダーや飼育放棄、殺処分といった)ペットをめぐる悲しい出来事も多くございます。(長榮寺では)多くの方々に命の大切さを知って頂くとともに、愛護活動について啓発・協力したいと思い、納骨堂や慰霊費の一部を愛護団体に寄付しています。また、春の合同慰霊祭を執り行う際、NPOと協力して里親会を実施しています」。

平成25年からは、亡くなったペットへの想いや殺処分をめぐるメッセージを短冊に託す運動も行っている同院。「今後とも慰霊ならびにペットをめぐる現実的な問題のお手伝いをしていきたいと考えています」

 里親会は今年で4回目。今回は NPOハート徳島 が協力しており、里親希望者は同院に亡くなったペットを納骨していない人でも参加することができます。
 「実際、めでたく新しい家族と縁を結ばれた、というお話も伺っております。次の年に元気な姿を見せて頂けるご家族もいらっしゃいますし(春の合同慰霊祭は)慰霊と縁結びの場となっております」。
 長榮寺では平成25年から、亡くなったペットへの想いや殺処分をめぐるメッセージを短冊に託す運動も行っており、お参りや慰霊祭などの際に短冊を残せる場所があります。短冊に書かれたメッセージは、次年の慰霊祭、同院の七夕祭り、そして8月に仙台で行われる七夕祭りで飾られます。 「今後とも慰霊ならびにペットをめぐる現実的な問題のお手伝いをしていきたいと考えています」。
 今年2月、縁結びにご利益があるとされる 両頭愛染明王 を建立・安置したばかり同院で、1つでも新たな縁が結ばれることを、願って止みません。

Pocket
LINEで送る