女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2014年4月18日

シリアル・ママ (1994年 事実に基づく映画)

Pocket
LINEで送る

監督 ジョン・ウォーターズ
出演 キャスリン・ターナー/サム・ウォーターストン

ジョンのお化け屋敷 

 悪趣味文化の帝王、ジョン・ウォーターズ監督がキャスリン・ターナーをヒロインに得て取り組んだのが「シリアル・ママ」。彼は本作で犯罪をファンタジーにしてしまった。連続殺人犯を「シリアル・ママ」と呼ぶようになったのは本作以後である。ジョン・ウォーターズはボルティモア出身。本作もロケ地はボルティモア以外に考えられなかったという。10代のころから問題児として知られ、自宅のガレージをお化け屋敷に改造して小遣いを稼ぐ。彼いわく「過激で下品なコメディ」が好きで、悪趣味にかけては天下一品。17歳のとき祖母がプレゼントしてくれた8ミリカメラを使って映画製作を始めた。ニューヨーク大学の映画学科に進むがマリファナ所持で退学。ボルティモアに帰る。これからそもそも本格的な映画製作を開始し、「ピンク・フラミンゴ」で大成功。カルトムービーブームの火付け役となった。トレードマークのチョビ髭は付け髭だ。裁判の傍聴が趣味だと公言し、殺人犯が描いた絵を集めたり、刑務所で囚人たちに講義し次作を上映したりした。マルグリッド・デュラスのファンである▼一言でいうとこの映画はジョン・ウォーターズの詐術のようなものである。もっともらしい語りと映像のうちに、あり得べきはずのない内容がまことしやかに展開する。俳優たちは真摯に、途方もなく大まじめにブラックな笑いを高歌放吟する。脚本もジョン・ウォーターズだが、彼は執筆の段階からビバリー(ヒロインの名前)はキャスリン・ターナーと決めて脚本を進めた。いったいどんなヒロインなのか。手短にいうならハリウッド史上ハチャメチャのヒロインの極北を極めた一人といえるだろう。ビバリーは何不自由ない裕福な歯科医ユージン(サム・ウォーターストン)の妻。息子が一人、娘が一人。夫を愛し子供を愛し、家事に長けた完璧な良妻賢母だ。その朝平和な郊外の住宅地に珍しく警察がやってきた。ビバリーの家にきた刑事二人の聞き込みは、最近いやがらせ電話が横行し住民が迷惑している、電話の内容は「これ」と新聞雑誌の切り抜きでつくった脅迫文を見せる。卑猥な言葉が並んでいる。家族はだれもまったく心当たりがない。警察も引き取った。ビバリーは「行ってらっしゃい」と家族を笑顔で送り出し、寝室にひっこむと電話で近所のヒンクル夫人を呼び出す。彼女が電話にでた。声をかえたビバリーがなんと、脅迫と同じ言葉を投げつけ嫌がらせするのだ。犯人はビバリーだった▼さていよいよ最悪の事態へ物語はすべりだす。なにゆえビバリーはそんなひどいことをするのか、観客はいっさい説明されない。わけがわからないうちにビバリーは暴走し始めるのだ。まずヒンクル夫人へのいやがらせは、ス―パーの駐車場で夫人が横入りして車のスペースを取ってしまったことにビバリーはアタマにきたからだ。つぎ。息子チップの高校のPTAの面談に行ったビバリーは、担当教師が息子のホラー好きは異様で、精神科医にみせたらどうかと進言したことが気にいらない。待ち伏せし車で轢き殺した。フリーマーケットの会場にいくと娘を失恋させ別の女の子とデートしていたカールをみかけた。ビバリーはトイレに入った彼を火掻き棒で串刺しにして殺す。ビバリーはさらに夫を急患で呼び出したスタナー夫婦を殺害する。警察は犯人をビバリーだと断定し、日曜日家族揃って教会に行く一家をまちぶせ、逮捕しようとするがビバリーは逃走し、チップがバイトするビデオ屋に隠れた。彼女はそこでテープをまき戻して返却しないうえ、チップを殺人鬼の息子と言った老婦人に怒り、あとをつけ、後頭部をなぐりつけ撲殺する。殺人現場を目撃したチップのともだちスコットを、出刃包丁を逆手に町中追い掛け回し、スコットがにげこんだライブハウスで焼き殺す▼ビバリーは逮捕され裁判になるが、悪びれるどころか、弁護士が情状酌量と下手に出たことが気にいらずに解雇、ひとり論陣を張り堂々無罪を主張する。町ではなぜか「殺したい奴のひとりやふたり、わたしもいるわ」「殺されたあいつはイヤなやつだった。おれだって殺したかった」などとビバリー親派が現れるのだ。町ではビバリーのTシャツが売られ、テレビ局がつめかけ、ビバリーは一躍「時の人」に。裁判では検察側の証人はいずれも証拠を立証できず、ビバリーは無罪をかちとる。悪夢のようなビバリーの殺人趣味はしかしおさまらない…ジョン・ウォーターズのいいたかったことは「マナーはちゃんと守らないとビバリーに殺されるぞ」ってこと? まさかね。一つ間違えば歯止めもなく狂っていく社会や環境や人間関係のなかにわれわれはいる。これってジョンが子供のころガレージでつくったお化け屋敷じゃないの?

Pocket
LINEで送る