女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2014年4月30日

市民参加 創作ミュージカル 「高向玄理 ~★KUROMARO★物語~」

Pocket
LINEで送る

市民参加創作ミュージカル上映実行委員会事務局
ラブリーホール/ふるさと応援団

河内長野に縁ある人たちが作り上げる
国造りに情熱を注いだ玄理の物語 8月10日公演

 高向玄理(たかむこのくろまろ)という人物をご存じでしょうか。飛鳥時代の学者で、小野妹子らとともに遣隋使として海を渡り、32年間、中国で学んだ後に帰国。大化改新後は国博士(くにはかせ)に任命され重臣となり、国造りに貢献した偉人です。
 その高向玄理を題材にしたミュージカル「高向玄理 ~★KUROMARO★物語~」が、8月10日(日・13時30分開場、14時開演)に開催されます。同ミュージカルのプロデューサーを務める株式会社アミューズ社長・中川やす代さんによれば「元々、私と(同ミュージカルで総合演出の)川上勝さんとで河内長野を盛り上げるべく『ふるさい応援団』を作ろうと考えました。市内でコミュニティFMを作ろうとか、 市内にある神社仏閣 を市内外にアピールしようなど、いろんな構想があるのですが、その1つが今回のミュージカルです」。
 高向玄理は現在の河内長野市出身と言われており、同市では生涯学習推進マスコット「くろまろくん」を誕生させるなど、市内でも玄理を知っている人は少なくありません。「現在では小学校でも習う人物で、子どもたちは知っていると思います。また、市内の方でも『そういった人物がいた』とご存じの方もいます」。
 しかし、河内長野市はベットタウンという側面もあり「私もそうですが、市外から越してきた人も多くいらっしゃるので、玄理を知らない方も多いと思います。河内長野出身と言われており、国造りに情熱を注いだ玄理を『ふるさと応援団』としても取り上げたいと考えました」。(続く)

Pocket
LINEで送る