女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2014年5月4日

街と人の心に うるおいとやすらぎを 泉大津市 人権の花

Pocket
LINEで送る

泉大津市人権啓発推進協議会
泉大津市人権市民協働課

平成9年から実
植え替えは6月と11月 人権の大切さ訴える「人」描いた花

 泉大津市立総合体育館。市役所に通じる大きな通りに面した同体育館前に『人』の文字を描いた壁面花壇があります。
 行政の担当部署である泉大津市人権市民協働課によると「平成6年に(同市では)『人権を尊ぶまちづくり条例』が制定されました。その3年後の平成9年、人権啓発推進協議会の皆さんが、街と人の心に、うるおいとやすらぎのあるまちづくりを進めようと始められたようです」。
 植え替えは年に2回。6月にはベゴニアを、11月にはパンジーを植えています。「役員の皆さんは(植え替え時に)いつもきれいに『人』の文字を描こうと努力しておられます。また、当初は役員の方々が交替で毎日水やりをして、枯れないようにされてもいました。現在は自動散水できるように工夫されていますが、それでも花が枯れないようにするのは難しいことのようです」。
 今年は6月2日(月)に植え替え予定(雨天の場合は翌週9日)だそうで「花壇には『人権を尊ぶまちづくり条例』の基本理念である『お互いを大切にする心を育み、すべての人が生きがい、思いやりをもって暮らせる真に心豊かな社会の実現』を目指すため、人権の大切さを訴え、人権の『人』が花で描かれています。お近くに来られた際は、ぜひともお立ち寄りください」。

Pocket
LINEで送る