女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2014年5月26日

《東京バレエ団創立50周年 祝祭ガラ》 9月2日(火)公演 チケット発売中

Pocket
LINEで送る

フェスティバルホール

ゲストにギエム、マラーホフ、ルグリを迎え
輝かしき東京バレエ団の歴史にふさわしいプログラム

 日本を代表するバレエ・カンパニー、東京バレエ団(本拠地・東京都目黒区、総監督・佐々木忠次氏)。1964年に創設。以後、パリ・オペラ座やミラノ・スカラ座などヨーロッパの名だたる歌劇場に数多く出演。1967年にはソビエト政府(当時)に招聘され公演を行い、ソビエト文化省から“チャイコフスキー記念”の名称を贈られるなど、国内外で高い評価を得ています。
 その東京バレエ団が、今年創立50周年を迎えるのを記念して《東京バレエ団創立50周年 祝祭ガラ》を全国で開催。大阪では文化・芸能の殿堂であるフェスティバルホール(大阪市北区)にて9月2日(火)に行われます。
 50周年の記念公演ということもあり、ゲストには世界的スーパースターであり、同バレエ団と共演し続けてきたシルヴィ・ギエム(写真)、ウラジーミル・マラーホフ、マニュエル・ルグリを迎え、「ボレロ」「ペトルーシュカ」「オネーギン」といったプログラムを予定。日本国内のみならず、バレエ界を牽引する同バレエ団の歴史にふさわしい公演になりそうです。
 なお、チケットはすでに発売中。料金はS席18‚000円、A席16‚000円、B席13‚000円、学生券3‚000円(学生券は当日引き換え。公演当日、学生証を持参)。全席はすべて指定・消費税込み。
 詳しい内容は、下記問い合わせ先、またはフェスティバルホールホームページを参照のこと。

Pocket
LINEで送る