女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2014年5月31日

どうする?今年の節電 わかると安心、意外な事実!

Pocket
LINEで送る

 また暑い夏、電気料金も上がるし、節電に悩む時期…。「考えると、もううんざり!」でも少し冷静に考えてみましょう。意外と節電できそうですよ。

節電は24時間必要というわけじゃない

 24時間戦えますか?なんてフレーズが流行ったけど、24時間節電なんて無理な話。
 実は節電すべき時間帯は13時~16時です。製造業などが大量に電力を必要とする平日の9時~20時、特に13時~16時頃が最も電力消費量が大きくなるのです。だから家庭でも平日の昼間は気をつけて、というわけですね。
 もちろんいつでも節電は必要ですが、必ず節電したいのは13時~16時と限定されているのです。これなら出来そうじゃありませんか?


昼はエアコンをつけないでも涼しい?

 暑い昼間、エアコンなしでは過ごせない?でもオフィスなど密閉性の高い室内はともかく、一般家庭は意外に風の通りよく間取りが作られているもの。風が通り抜けるように窓を開け放っていると、エアコン無しでも過ごせます。
 また夜間は照明で室内に虫が入ってきてしまいますが、昼間はむしろ外の方が明るいため、意外に虫が入ってきません。
 節電が必要な13時~16時は、エアコンなしでも過ごせそうですよ。


必勝! 保冷剤で全身冷え冷え~

 とはいえ、暑さに耐えられないこともあります。でも一人でエアコンももったいない…。そんな場合は保冷剤の登場! ストッキングやタオルで保冷剤を包み、保冷剤がうなじに当たるように首に巻きます。うなじの血管は全身に血を巡らせる大動脈。そのまま約20分もすると、首筋で冷やされた血が全身に届きます。涼しくなって、びっくりするほど効果的ですよ。


関連記事
どうする?今年の節電(2)正しい知識で楽に節電!
どうする?今年の節電(3)無理のない範囲で節電に取り組む

Pocket
LINEで送る