女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2014年6月17日

声のレッスン通して表現の楽しさを知る

Pocket
LINEで送る

キャラ☆シニア声優大学校

講師陣は第一線で活躍の自社タレント
年に1度の発表会目指す

 1997年に設立。現在は声優やタレントなど100人以上が在籍するプロダクション・キャラ。1999年からは将来の声優・タレントを目指す若者に向けた「キャラ声優タレント研究所」をスタートさせ、毎年、オーディションを通過した30人前後の研究生たちが声のプロを目指しています。
 その一方で、同社では昨年4月、50歳以上を対象にした声優スクール「キャラ☆シニア声優大学校」を開校(入会金10‚000円、月謝8‚000円・税込)。プロを目指すのではなく趣味として、発声や声を使った表現方法などを学べる教室で、現在約40人が通っています。
 株式会社キャラ代表でナレーターの島よしのりさんは「体を動かせなくても声なら出せますし、中高年の方に向けて何かできないかと考えていました。声は人を励ましたり、力を与えたりしますが、時には傷つけることもあります。言葉はちゃんと届かないと意味がありません。滑舌や美しい声の出し方、表現方法など『声』を磨きながら、人の言葉を伝えることの楽しさをわかって頂けたら、楽しんで頂けたらと思っています」。
 講師は、島さんを含め第一線で活躍する同社タレント4人。「若い頃、声優に憧れていた」「家にひとりでいる事が多くて何か始めたかった」など受講理由は様々ですが、みなさん溌剌とした表情でレッスンを受けています。
 「発表会では人前で表現できて、演じる方からも(家族など)観る方からも好評です。(レッスン中は)笑いが起こったり、みなさん楽しんでいます。レッスン後に連れ立って食事に行く方もいますね」。
 普段、大声をだしたり喜怒哀楽を表現したりすることが減ってしまっている現代。キャラ☆シニア声優大学校で、思いっきり「声の表現」してみませんか?

Pocket
LINEで送る