女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2014年6月19日

趣味の人からプロ志望まで自分のペースで文章を学べる

Pocket
LINEで送る

心斎橋大学

講師陣は一流の作家たち
書きたい人は、一歩踏み出して

 各種文学賞受賞者を多数輩出しており、文筆の第一線で活躍する在校生やOB・OGも多い日本放送作家協会関西支部主催の作家育成スクール・心斎橋大学。同スクールは「故・藤本義一氏が28年前に、関西から若き才能を発掘し、才能豊かな人材を育成していこうと創設しました」(同スクール担当者)。
 現在は『文章・ドラマコース』(3クラス)『児童文学コース』(1クラス)他、全学年・全コース合わせて約250人が文章を学んでいます。「40代、50代を中心に10代から80代までの方がいらっしゃいます。趣味の方もいればプロを目指す方もいますね」。同校では個々の作品を添削するシステムもあり、活用している人も。「(逆に)講義を受けることが楽しみ、と仰る方もいます。皆さん、自分のペースで学んでいますね」。
 受講生からは「文章を書くだけではなく、ものの見方、人生観が変わった」といった声も寄せられているのだとか。公募のお知らせや講師から文学賞の案内がされることもあり、書きたい人にとっては良い環境と言えるでしょう。
 「書きたい方は第一歩を踏み出して頂ければと思います。文章を学べる環境、公募などが身近にある場に入ることで、みんなで学べますし、書いていけることもあると思います」。
 なお、秋には短期講座の開講を予定しており、その後、来年4月から始まる29期生の入校説明会を開始予定。個別の相談は随時受付。詳しくは、同校ホームページを参照のこと。

Pocket
LINEで送る