女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2014年6月25日

梅雨の季節、気になる洗濯物の「あの臭い」! 衣類のしつこい加齢臭、どうするの?

Pocket
LINEで送る

アンケートでも多くの人が困っていると答えた「加齢臭」。

 体臭は汗や皮脂に含まれる物質が原因ですが、加齢臭は、さらに皮脂の分解物「ノネナール」という物質が原因とわかっています。
 衣類についた加齢臭は、普通に洗濯してもなかなか消えません。さらに一緒に洗った他の洗濯物にも臭いが移ってしまいそう…。
 しつこい加齢臭は、どうやって洗濯したらいいのでしょう?

専用洗剤と酸素系漂白剤でしっかりと

 洗剤の量を増やすとより臭いも取れるのでは、と思いがち。でも洗浄力は大して変わりません。むしろ洗剤が残って雑菌繁殖の素になってしまう心配も。
 量より、洗剤の種類を選ぶことが効果的です。最近は各メーカーから体臭対策・加齢臭対策の洗剤が発売されています。
 効果を上げたい場合は、まず汚れが気になる部分に酸素系の漂白剤を直につけます。さらに専用洗剤をぬるめのお湯に溶かして、そこに30分~2時間浸け込むと効果的です。

加齢集にも重曹パワー?!

 また、加齢臭の臭いの元・皮脂汚れは酸性。そのため、アルカリ性である重曹も効果が期待できます。
 水200mlに対して重曹小さじ1程度を溶かし、約30分衣類を浸け込んでから洗濯します。臭いがきつい場合は一晩浸けてみましょう。
 重曹は体に優しい物質ですが、使いすぎると逆に体臭が強くなる場合もあります。適量を守りましょう。

Pocket
LINEで送る