女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2014年7月4日

歌って踊る、だけじゃない!  姫路の歴史・観光&官兵衛、教えちゃいます♪

Pocket
LINEで送る

姫路のご当地アイドル KRD8

歌やダンスとともに、接応・マナー・歴史も学び 姫路の魅力をPR

 今年のNHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」の放映に続き、来年には姫路城の改修工事が終了。観光スポットして注目を集めている姫路。その魅力を伝えようと結成されたご当地アイドルが、人気を博しています。
 黒田家に仕えた精鋭・黒田八虎にちなみ、名前は「KRD8」(ケーアールディ エイト)。メンバーは24人で、姫路に縁のある、普通の女の子たち。そのうち8人が入れ替わりで、NHKの「大河ドラマ館」横にあるステージをホームとし、月に1・2回程度、約40分のステージを開催。歌やダンスはもちろん、姫路の歴史や観光、軍師官兵衛についてなど、姫路の魅力を発信しています。
 「KRD8」を企画している姫路商工会議所青年部委員長・岩井迫(いわいさこ)泰行さんによれば「姫路の魅力を多くの人に伝えたい、とくに若い人たちにも知って頂きたいと考え、企画をスタートしました。KRD8には『歌って踊れるアイドル』だけではなく、同世代に対して『姫路のかたりべ』になってもらいたいと思い、歌・ダンスだけではなく、接応やマナーの研修、歴史講座も受けてもらいました。姫路のことを一生懸命勉強して、発信して、すごく健気です」。
 ホームでのステージ以外にも、行政主催のイベントなどにも参加。姫路市内や兵庫県内にとどまらす、全国でも活動。初舞台の2月から半年が経過しましたが「半年という短い期間にしては、多くの方に覚えて頂いているようです。アイドルとしても売り出していきたいと思っていますし、本人たちも『とにかく多くの皆さんに、姫路の歴史も文化も、私たちの歌も踊りも伝えたい!』と口にしていますね」。
 CDの歌詞カードには、歌詞やメンバーの写真に加えて、姫路の観光スポットを紹介するページもあり、まさに『ご当地発信アイドル』として頑張るKRD8。これからも、姫路の伝道師として活動していきます。「衣裳を真似して来て下さる女性ファンもいらっしゃいます。女性の方の中には歴史やお城などに興味がない方もいるとは思いますが、実際に見てみると、面白い要素がいっぱい詰まっています。KRD8を通じて、少しでも興味を持って頂けたら、うれしいですね!」。

Pocket
LINEで送る