女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「新宿2丁目を連れて歩きたいボーイフレンド」

2014年7月19日

特集 新宿2丁目を連れて歩きたいBF ジャスティン・ティンバーレイク「TIME/タイム」 (2011年 SF映画)

Pocket
LINEで送る

監督 アンドリュー・ニコル
出演 ジャスティン・ティンバーレイク/アマンダ・セイフライド

地味な役柄を好演 

 ジャスティン・ティンバーレイクがアマンダ・セイフライドと組んで、地味な青年役を好演します。アンドリュー・ニコル監督の「ガタカ」に続く遺伝子操作の映画です。遺伝子を組み換えて優生人間をつくりだし、そうでない者は下層社会でしか生きられないという格差社会が「ガタカ」の舞台でしたが、本作はもっと格差が広がった。25年以上生きることができる富裕層と、時間が買えないため25年のタイムリミットがくると、電池がきれたロボットみたいにコトンと息を引き取るのが下層社会の人間だ。富裕層は25年以上の寿命をどんどん買えるから永遠に生き長らえることも可能である。25年で成長がとまるよう遺伝子操作されているから、それ以後は何十年年をとっても25歳のままの容貌であり肉体だ。水もしたたる青年が105歳ということも生じる▼遺伝子技術の進歩で人類にはとうとう老化がなくなった近未来。すべての人間は25歳で成長がストップする。人口過剰を防ぐため時間が通貨となり、日用品も贅沢品も支払いは全部時間でやる。コーヒー一杯「5分」とか月給「1年」とか。25歳になった瞬間から左腕に嵌めこまれたボディ・クロックが余命時間を刻み始め、0になったら死ぬ。限られた富裕層の富裕ゾーンが永遠の命を享受する一方、スラムゾーンでは日々の労働によって時間を稼ぐ以外、人から奪うしかない。時間のやりとりは自分の腕を上にして、相手の腕をつかめば、相手の持っている時間が自分のものになる。富裕ゾーンとスラムゾーンはタイムゾーンという境界線がある。お互いの世界の行き来は禁じられていた▼スラムゾーンの青年ウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は酒場で富裕層ゾーンからやってきたハミルトンをマフィアから助け、116年という寿命を譲り受ける。男は現在100歳以上になるものの「死なない人生」に倦怠し生きる意欲を失っていた。彼はウィルに時間を譲り、身を投げて死ぬ。マフィアたちは多量の時間をもらったウィルから時間を奪おうと付け狙う。その夜母親の誕生日を祝う約束だったウィルは、母親が工場で仕事を終えるのを待っていたが、いきなりバス代が値上がりしたという理由でバス代「30分」が払えなくなった。走って待ち合わせの場所に向かうが間に合わず、ウィル目の前で息絶える。ウィルは不公平な格差社会を成り立たせている富裕層に復讐を誓う。こういう感受性の強い、やさしい青年がティンバーレイクにぴったりだわ▼タイムゾーンを越えて富裕ゾーンに入ったウィルは、豪奢な生活をしている「永遠の命」を得た世界の住人たちに出会う。大富豪の娘シルビア(アマンダ・セイフライド)は、しかし変化のない生活に飽き飽きしていた。時間を監視する監視局員レオンは、ハミルトン殺害容疑でウィルを追って富裕ゾーンに来た。追い詰められたウィルはシルビアを人質にとって逃走する。レオンとマフィアの一味の追撃をかわしながらシルビアとウィルは共感を深めていく▼ふたりは結局、大富豪の父フィリップが莫大な時間(寿命)を独り占めして市場を独占している、ひとにぎりの富裕層が生きながらえさせるため何万人のスラムゾーンの住人が25年で命を打ち切られる、父のもとには大金庫に「100万年」の時間がストックされている、あれを盗み出して分配しようと、早く言えば「ボニーとクライド」みたいに銀行強盗をバンバン始め、盗みだした時間(カセットみたいな容れ物に入っている)を分け与えるのです。これってハリウッド版ねずみ小僧次郎吉じゃないのでしょうか。市場は大混乱、もう過酷な条件で働かなくてもよくなった人々は工場なんかどんどんやめていき閉鎖は時間の問題▼しかしそれからどうする? どうも腑に落ちないのですが、ウィルとシルビアは強盗やって時間を盗み出して人々に供給して、死ぬまでソレやっているつもりなの。働かない人間ばかりできちゃうでしょ。ラストはどうにも首をひねる。彼らは大きな高層の建物の前に車を横付けし、銃を手に階段をあがる。シルビアは「大きな銀行でしょ」というから強盗やるつもりなのだろうけど、まさかこれホワイトハウスじゃないでしょうね? あたりに猫の子一匹見当たらないわ。こんなゴーストタウンで、いったいなに盗りにいくのよ。そもそも格差のもとをつくった富豪たちはどうやって儲けたのよ。シルビアのパパみたいに毎日ポーカーやっていたわけ。じゃこの映画の富豪たちとは博徒集団なのか。スラムゾーンよりひどいな。道理で品のない顔ばかりだったわ。隔靴掻痒というか、雰囲気はものものしいが映画のなりたちの核みたいなところがよくわからない。最後にティンバーレイクの胸のすくアクションがみたかったのに。

Pocket
LINEで送る