女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2014年7月21日

冬より夏こそ太りやすい季節! こちらの方が多い?! 「夏バテ」ならぬ「夏太り」

Pocket
LINEで送る

実はこちらの方が多い?! 「夏バテ」ならぬ「夏太り」

 この時期、夏バテばかり取りざたされますが、あなたはどうですか?「むしろ逆。いつも夏は太ってしまう」。そんな人が、実は多いのです!
 暑くて汗をかき、つい冷たい飲み物や麺類ばかり食べてしまう。体力もおちてぐったりするのに、なぜか体重は増えてしまう。これが「夏バテ」ならぬ「夏太り」。
 まず大きな原因は、夏は基礎代謝が低い季節ということ。体温と気温の差が少なく、体温維持が簡単にできるためです。さらに夏は基礎代謝を下げてしまう要素がたくさん。冷たい飲み物ばかり摂ると、内蔵が冷えて血行が悪化。血行悪化で代謝が落ちる上、体を冷えから守るために脂肪がついてしまうのです。また過剰な水分摂取はむくみの原因に…。
 しかも汗をかいても、その汗は単なる生理反応。ほとんどエネルギーを使わず、ビタミンやミネラルも汗で出てしまいます。ビタミンとミネラルが不足すると、脂肪が効率よく代謝されません。
 暑さで活動量も減るためエネルギー消費も減少、その上睡眠不足で自律神経のバランスが崩れ、またまた代謝低下…。
なのに夏バテ防止として高カロリーの食べ物を食べすぎたりして、夏太りとなってしまうのです。

ビタミンとお風呂で夏太りを解消しよう!

 では何をすればいいのでしょう?
 まず規則正しい食生活に戻すこと。麺類ばかりではなくビタミンB1、B2などバランスのよい食事を摂りましょう。そしてクーラーで冷やしすぎず、体を温めること。冷たい飲み物よりも温かいお茶を飲んだり、お風呂は湯船にしっかりつかります。体温を上げれば気温との差が減少し、汗もかきにくくなります。
 また毎日少しづつ体を動かす習慣をつけましょう。その際、暑い中で無理な運動は禁物。涼しい早朝などにウォーキング、室内で軽いストレッチをするなど、熱中症には十分に気をつけて、適度な運動を心掛けてください。

Pocket
LINEで送る