女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2014年8月4日

「おいしい水」を交野市に供給する 交野市水道局 星の里浄水場を見学してみよう!

Pocket
LINEで送る

交野市水道局 星の里浄水場

深井戸水を使って薬品を頼らない水づくり
夏休みの自由研究にも最適

 近年、年代を問わず人気の工場見学。飲食物や工業用品など、様々なジャンルの工場で一般からの見学を受け付けていますが、おいしい水道水を供給している浄水場も見学できるのをご存じですか?
 見学できるのは、2012年9月より通水が開始された交野市水道局 星の里浄水場。毎月第2火曜日に、一般からの見学受入を実施しています。
 実は同浄水場、交野市内に設置された16本の深井戸から汲み上げた地下水を処理しており、交野市内に供給される水道水の7割をまかなっています。また、地下水をろ過する際、薬品を極力使用しておらず、自然生息する微生物を利用した「生物接触ろ過システム」を採用。水中に生息する鉄バクテリアを利用した施設としては国内最大級と言われています。
 私たちが生きていく上で欠かせない水。おいしくて安心・安全な水道水を供給する浄水場を見学することは、夏休みの自由研究としても役立つはず。ご家族で見学してみてはいかがでしょうか。
 なお、申込みは電話かFAXで(FAXの場合は代表者の氏名・住所・電話番号・見学人数・希望日を記入)。定員は30人程度(先着順・人数が少ない場合は中止になる場合あり)。費用は無料。受付は翌月分までで、締め切りは実施日の1週間前。申込・問い合わせは交野市水道局 星の里浄水場(下記参照)まで。
交野市で使用している深井戸は地下約200~300メートル。なお、高槻市では星の里浄水場で処理した自己水を7割、大阪広域水道企業団からの浄水を3割使用し、水道水を供給しています

Pocket
LINEで送る