女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

トピックス

2015年8月15日

今からでも間に合う夏休みの宿題・自由研究 Vol.2 研究レポートをまとめるための5ステップ

Pocket
LINEで送る

今からでも間に合う夏休みの宿題・自由研究

レポートをまとめるためのコツ

 さて、Vol.1でテーマと方法を決めたらいよいよ研究スタートです。実験や観察などを進める最中も、どうレポートにまとめるかを考えなければいけません。最終結果のみならず、その工程の記録もなるべく具体的にメモを取っておきましょう。そのためのStepと最後、レポートにまとめる項目をご紹介します。

Step1. 予想しよう

 まずは、どうなるのか予想しておくことで、「予想と実際との違い」をレポートすることができ、より内容に厚みを増します。予想は間違っていても問題ありません。「どうなるのかな」と想像することで、より楽しく研究できます。


Step2. 記録は具体的に

 レポートは、他の人に伝えられるようにまとめる必要があります。そのため、「○cm伸びた」「○日で変化した」など具体的な数値を記録しておきます。こうすることで、より具体的かつ科学的になります。また、観察や実験をした日時・天候・温度・場所なども必ず記録しておきましょう。


Step3. スケッチや写真を使おう

 よく観察してスケッチしましょう。絵が苦手でも、観察して気づいたことをいっぱい添えれば、とても貴重なオリジナルデータになります。スケッチでは伝えにくいものは、写真に撮って添えるといいでしょう。数字や文章だけでなくイラストや写真があることでレポートもわかりやすく、見やすくなります。


Step4. 失敗も大切な結果です

 失敗を恐れず取り組みましょう。失敗しても、それはそれで立派なデータです。成功するまで繰り返し、なぜ失敗したのか、を考え記録するといいでしょう。また、実験や観察は少しやり方を変えてみて「比較」するのもいいでしょう。


Step5. わかりやすくまとめよう

 こうして集まった記録をレポートにまとめます。
テーマ・・内容が具体的にわかるようなテーマ名にしましょう。
きっかけ・・・このテーマについて研究しようと思った理由やきっかけを書きましょう。
目的・・・この研究によって何を知りたいのかを書きましょう。
予想・・・研究前に、自分が思い描いていた予想を書きましょう。
準備したもの・方法・・・研究に使ったもの、観察や実験の方法を簡単にまとめましょう。
結果・・・結果を書きましょう。表やグラフ、図、スケッチ、写真なども添えましょう。
まとめ・考察・・・結果から考えられることを書きましょう。難しかったことや、反省したことなども書きましょう。
参考にしたもの・・・何かの本や資料を参考にした場合は、それも記しておきましょう。

 新聞風にする、雑誌風にする、アルバム風にするなど、デザインを工夫するのもGOOD! 強調したいことなど色を上手に使って、わかりやすく、見やすく、かわいくまとめましょう!

 次回は「1日でできる研究テーマ」として、アウトドア編とインドア編をご紹介します。



次の記事
1日でできる研究テーマ ~アウトドア編~
1日でできる研究テーマ ~インドア編~

Pocket
LINEで送る