女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月2日

【クリント・イーストウッド週間】 白い肌の異常な夜(1971年) The Beguiled (1971)

Pocket
LINEで送る

監督:ドン・シーゲル/Director: Don Siegel
出演 クリント・イーストウッド、ジェラルディン・ペイジ/Starring: Clint Eastwood‚ Geraldine Page

クリントの愛するゴシック的精神世界 

 トマス・カリナンの原作にクリントは飛びついたそうだ。早速ドン・シーゲルに連絡した。マッチョのイメージのクリントに、およそ似つかわしくない作品とファンは判断したのか、興行は失敗たったが、本人は大いに満足だった▼どんな男のどんな物語かというと、北軍の無気力な兵士ジョン・マクバーニー(C・イーストウッド)が負傷し、森にひっそりとたたずむ女子神学校の校門で行き倒れ、女子生徒たちの看病を受ける。彼女らと謹厳な校長(ジェラルディン・ペイジ)は、女所帯にたった一人まぎれこんだ若い男に熱い視線。そこでジョンは「7人の年頃の愛らしい女生徒に引きずり回され、担架に乗った男が考えることは、ちょっとばかりセックスしてやろう、かまうものか」悔い改めそうもない女たらしという点では、ほとんどこれはクリントの自画像である▼校長も積極的にジョンにアプローチする。彼が裏切ったことがわかると、負傷した脚がエソにかかっていると言い、彼が気絶しているうちに切断してしまう。あげく毒キノコを食べさせ殺す。ものすごい神学校だ。こういうゴシック的精神世界に飛びついたのだ、クリントは。原題の「ビゲイルド」は騙される、とか魅了された人とかいう意味だ▼白い肌に喜んで魅了されたのか、自ら進んでだまされにいったのか、ここでも正義とか常識とか道徳の隙間にある「曖昧なもの」に惹かれるクリントの嗜好がよくでている。彼の50作に及ぶ監督主演映画のなかで「精神的ゴシック世界」は太い主流である。だれの心にも悪魔がいる、といったのはヒッチコックだったが、ダーティーで模糊とした精神の暗がりに潜むドラマに、クリントもまた惹きつけられ、そそられることを拒否できない▼そういう映画でも、クリントのユーモアのセンスというのはどうしようもなく現れるものだ。ラストシーン、毒キノコで死んだジョンの埋葬は、グリム童話を彷彿させる無邪気な芝居みたいだ。クリントはこんなことをいっている。「カーメルにある気に入りのレストランで《豚の息》という名前の店がある。なぜこんな変わった店名を選んだのかと経営者に聞いたら、ユーモアのセンスがわかる人にしか来てもらいたくないからだって」クリントはのちにこの店の経営者になる。ユーモアをわかる人にしか(映画を見に)きてほしくない、といいたくなったのにちがいない。

The gothic psychological world that Clint loved

Clint Eastwood is said to have jumped at Thomas Cullinan’s novel. He immediately contacted Don Siegel. Its failure at the box office might have been because fans of Clint viewed it as not suiting his macho image. Clint however‚ was greatly satisfied.
What kind of man? What kind of story? Injured Civil War soldier John McBurney (Clint Eastwood) quietly approaches the gate of an all-girl school where he collapses and lays dying. He is nursed by the students. The girls and the stern headmistress (Geraldine Page) fix their sights on the young man who has become mixed up with them. There‚ John thinks‚ “Dragged around by seven lovely girls of age; on the stretcher any man is thinking that he’ll have a bit of sex‚ what do I care.” The unrepentant womaniser is a self-portrait of Clint.
The headmistress also actively comes onto John. After finding that he has betrayed her‚ she says that his wounded leg is gangrous‚ and while he is unconscious‚ she amputates it. In the end‚ she kills him by making him eat poisonous mushrooms. It is an amazing seminary. Clint jumped at this gothic psychological world. The title “The Beguiled” means those who are deceived or charmed.
Was he happily charmed by white skin or did he go and get himself deceived? Even here‚ within the gap of righteousness‚ common sense and morality is “ambiguity”; an attracted Clint’s preference is really shown. In 50 films in which he directs and features‚ gothic psychological worlds are largely mainstream. “Everyone has a devil in them” was said by Hitchcock‚ but a dirty and obscure mental darkness that lurks in drama; Clint is again attracted‚ unable to deny his fascination.
Even in those kinds of movies‚ Clint’s sense of humour always appears. In the last scene‚ the burial of John who has died from poisonous mushrooms‚ looks like an innocent play that closely resembles the Grimm Fairy Tales. Clint said‚ “In Carmel‚ there is a restaurant I like called Hog’s Breath. When I asked why the owner chose such an unusual name‚ he said that he only wanted people with a sense of humour to come.” Clint later became the owner of that restaurant. He must have wanted to say that he only wanted people with a sense of humour to come (watch his film).

Pocket
LINEで送る