女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2014年9月11日

手紙の書き方 番外編 敬老の日目前! “孫力”を発揮する手紙の書き方・例文 お助けポイント

Pocket
LINEで送る

手紙の書き方 番外編
感情をより高める、心揺さぶる3大フレーズはコレだ!

“きちんとお手紙派”の方にオススメの6大構成はコレだ!

1.相手を気遣う言葉
 おじいちゃん・おばあちゃんと離れて暮らしている場合は、まずは相手の体調を気遣いましょう。
(例文)
・おじいちゃん、おばあちゃん、お元気ですか?
・おじいちゃん、おばあちゃんへ お変わりなくお元気にお過ごしですか?
2.感謝の気持ちを述べましょう。
 「ありがとう」の言葉と同時に、それによって何が変わったか、どう喜んでいるかも書くと、相手にも情景が伝わり喜ばれるでしょう。
(例文)
・いつもお野菜を送ってくれてありがとう。新鮮なお野菜のおかげで、風邪もひかず元気に過ごしています。
・引っ越しの際はお世話になりました。おかげさまで、新しい学校にも慣れ、お友達もたくさんできました。
・いつも気にかけてくれてありがとう。おじいちゃん・おばあちゃんが見守ってくれていると思うとどんなことにも勇気をもってチャレンジできます。
3.近況報告を書きましょう
 最近の様子を報告することで、成長や、日々元気に頑張っていることがよりリアルに伝わります。
(例文)
・2学期になってからも1日も休まず、元気に学校に通っています。
・最近は運動会の練習を頑張っています。夏よりもさらに日焼けしたよ。
4.おじいちゃん・おばあちゃんと過ごす時間を思い浮かべましょう。
 おじいちゃん・おばあちゃんにとって、あなたと会うことが何よりの楽しみです。そういう時間を作ることを考えてみましょう。
(例文)
・近々、お父さん・お母さんと一緒に遊びに行きたいと思っています。
・来月の連休、遊びに行ってもいいですか?
・今度ゆっくりウチに遊びに来てください。ポチも大きくなりましたよ。
・今、学校で昔の遊びを勉強しています。今度会ったらぜひ教えてください。
 もちろん行く気も招く気もないのに書くのはNG。この機会にぜひ再会の計画を!
5.プレゼントに込めた思いを伝えましょう。
 どういう気持ちでプレゼントを選んだかを書くと、物にも心が宿ります。
(例文)
・元気なおじいちゃん・おばあちゃんにはこの色が似合うと思って選びました。
・おじいちゃん・おばあちゃんが作ったお米を、このお茶碗でいっぱい食べてください。
・寒いのが嫌いなおじいちゃん・おばあちゃんが温かく冬を迎えられるようにと思ってこのひざ掛けを贈ります。
6.健康を気遣う言葉でしめましょう。
 尊敬と愛を込めて、最後の言葉をしたためましょう。
(例文)
・だんだん寒くなりますが、風邪をひかないように気をつけてね。
・これからもずっと元気でいてね。
・あまり頑張りすぎないでね。
 その他、場合に応じて、プレゼントを直接手渡したかったのにできなかった理由、当日に渡すことができなかった理由などもあれば添えるといいでしょう。とにもかくにも、気持ちが大事! 日ごろの感謝をこめて、一筆書いてみませんか? そのお手紙は、おじいちゃん・おばあちゃんにとってかけがえのない宝物となるはずです。

心揺さぶる3大フレーズはコレだ!

・ ありがとう
・ 大好き
・ 長生きしてね

 素直で簡潔にしてちゃんと気持ちが伝わるとっておきワードです。カードなら、この一言を大きく書くのもいいかも!


感情をより高める3大+αはコレだ!

・とても
・すごく
・ずっと

 「とても感謝しています」「会えるのをすごく楽しみにしています」「ずっと元気でいてね」など、この+αの3ワードをつけることで、そのあとに続く言葉がより効果的に響きます。普段はなかなか言えない言葉だけに、この機会にありったけの想いを込めましょう。

Pocket
LINEで送る