女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年10月3日

【クリント・イーストウッド週間】 恐怖のメロディ (1971年) Play Misty for Me (1971)

Pocket
LINEで送る

監督:クリント・イーストウッド/Director: Clint Eastwood
出演 クリント・イーストウッド、ジェシカ・ウォルター/Starring: Clint Eastwood‚ Jessica Walter

クリントの流儀

 クリント念願の初監督作品である。製作も自分の会社であるマルパソであるから、全権をもって映画づくりに乗り出したわけだ。ドン・シーゲルとセルジオ・レオーネに学んだ「節約」の活用を早速実地に移す。ロケ地はコストのかからない近場に選んだ。カーメルだった。この映画はどの映画よりクリントの自宅の近くで撮られたのである▼人気のディスジョッキーをローカル番組でもつ、デイブ(C・イーストウッド)が一夜だけの割り切った関係を持った相手がイブリン(ジェシカ・ウォルター)だ。後年の「危険な情事」の原型がここにある。イブリンは一夜の関係で終わってくれない、脅迫観念にとりつかれた熱狂的ストーカーで、デイブの女性関係を独占しようとする、デイブのガールフレンドを認めるどころか、仲を引き裂くために命まで狙う▼デイブとは「ホントにまあ、いい加減な」と感心するほど調子のいいやつなのだが、もともとクリントが演じるスクリーンの主人公とは、女に救済を求めるタイプでもなく、女の愛に救われる男でもない。それにこの処女作にはクリントの監督としての特色「有名スターは使わない」(ギャラが高いし、自分が目立たない)はちゃんと発揮されているし、ラブストーリーがなっていない、と目くじらをたてたところで、イーストウッド監督にはそんなこと、始めから眼中にないのだから願うほうが無理というものだった▼ところがこのクリントの「公園デビュー」を、ニューヨークを拠点にしたインディペンデントの父ジョン・カサヴェテスがよくできているとほめたのだ。ただしヒッチコックの「サイコ」の二番煎じ的だと指摘した。デイブの内面を支配する闇の根源まで、イーストウッド監督の目が届くのは、まだ先を待たねばならなかった。が、とにかく自分で監督するという第一目的は達したのだから満足だった▼ナンだ、カンだといわれながら「恐怖のメロディ」はジワジワ収益を稼ぎ出し、クリントはおおいに潤った。彼は著名人が多く住む一等地に土地を買い、セレブの仲間入りをする。製作もかかえる、監督もやる、大スターは除く、脚本も自分の言うことをきく若手を選ぶなど「節約」をモットーとした優秀な弟子は、「恐怖の」をスタートに彼の流儀、つまりリスクも成功も自分ひとりでおう、映画作りのスタイルを着々固めていくのである。

Clint’s style

This is Clint’s long-desired‚ very first directed film. Production was with his own company Malpaso‚ and so he set up filming in full authority. “Money-saving”‚ as he learned from Don Siegel and Sergio Leone was quickly put into practice. He chose a close location that wouldn’t cost much. It was Carmel. This movie was filmed closer to his home than any other.
Popular DJ Dave‚ (Clint Eastwood)‚ has his own local program. He has a one-night stand with Evelyn (Jessica Walter). The model for Fatal Attraction of later years is in this film. Evelyn won’t let their relationship finish as a once-off fling. Possessed by threatening notions‚ as a crazed stalker she tries to monopolise Dave’s relationships with women; rather than acknowledge his girlfriend‚ she comes after her life in order to rip apart the two.
Dave is a cool-talking guy‚ though the heroes that Clint normally plays aren’t after help from women nor men that are saved by women’s love. Also‚ in this virgin work‚ unique to Clint as a director is “I don’t use famous stars (as their pay is too expensive and I don’t stand out)”; this is really displayed in this film. Upon finding fault that it isn’t a love story‚ from the beginning director Eastwood took no interest in it so it was best not to hope for one.
Clint’s “park debut” was complimented by New York based father of independent film John Cassavetes‚ who said “This movie is very well made.” However‚ it was criticised for being a rehash of Hitchcock’s film Psycho. To the source of darkness that controls the interior side of Dave‚ director Eastwood had to wait longer until he could be observant. He was satisfied‚ however‚ because he achieved his number one goal of directing by himself.
One thing or another‚ Play Misty for Me gradually earned profits and Clint was greatly benefited. He bought prime real estate where many famous people live‚ and joined the ranks of celebrities. He works with production‚ directs‚ omits big stars‚ chooses young playwrights who will listen to what he says‚ and with the excellent motto of “money-saving”‚ Play Misty for Me was the start of his style; in short‚ carry risks and success by yourself. He is steadily solidifying his film production style.

Pocket
LINEで送る